« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年3月

2013年3月 6日 (水)

2月に観た映画、2/2

先週の保護者会では、チュージの学年でびっくり情報を得たので参加して良かったです。
詳しくは次回書きます。
びっくり情報って言ってもここ読んでる人には「ふーん。で?」なんでしょうけど(笑)。


映画の続き。


Photo「夜明けの街で」

監督:若松節朗

主演:岸谷五朗、深田恭子


深キョンと岸谷五朗が不倫ってなんて現実味のない!と思うでしょ。
パッケージを見ても違和感しかなかったのですが、観たら納得でした。
東野圭吾原作。この人のこの手の作品ってどれも女の人が似たようなイメージ。
深キョンはWOWOWドラマで「幻夜」の主役もしていたので、ますます「観たことある」感じ。
木村多恵が良妻賢母と狂気紙一重な演技で◎。


Photo_2「白夜行」

監督:深川栄洋

主演:堀北真希、高良健吾



これまた東野圭吾原作で、なんとも重い話でした。
「夜明けの街で」よりも映画的。80年代を忠実に再現していたし、生々しい感じも昔観た角川映画のような雰囲気。
ただ、船越栄一郎が出ているせいで一気に土曜ワイド劇場テイストになってた(笑)。
高良健吾はやっぱりスゴイ!!!


Photo_3「うさぎドロップ」

監督:SABU

主演:松山ケンイチ


監督が誰なのか知らずに見たのですが、SABU監督だったとわかりびっくりです。
確かに松ケン、やたら走ってた(笑)。
ひたすら芦田先生の『かわいさ』に感心するばかりでしたよ。
原作マンガのアニメ化を先に観ていたので、設定の変更やストーリーの余計な演出にげんなり。
映画だから何か事件が起きなくちゃダメなのはわかるが、ありえない展開に冷めるばかり。
ネタばれになるので書かないけどさぁ。
SABU監督、どうしたんだ。「弾丸ランナー」の頃のキレキレな感じはどうしたの・・。


Photo_2「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」

監督:ガイ・リッチー

主演:ロバート・ダウニー・Jr.、ジュード・ロウ



パート1同様、二人のBLっぽさを漂わせつつアクション満載で面白かった。
どう終わるかわかってるのに(だって主役二人が負けるわけないもんね)、ハラハラドキドキ。


Photo_4「クロエ」

監督:アトム・エゴヤン

主演:ジュリアン・ムーア、アマンダ・セイフライト、リーアム・ニーソン


とにかくクロエを演じるアマンダ・セイフライトが美しい。
ジュリアン・ムーアが演じるキャサリンも美しいのに、本人は年をとっていく自分に自信が持てず、あることをクロエに依頼するのだけど、そこからどんどん意外な展開に・・。
ちょっとクロエの背景がわからなくて、最後もあっけなかったのだけど。
面白かったですよ、エロくて(笑)。


Photo_5「ファンタクティック Mr.FOX」

監督:ウェス・アンダーソン

声:ジョージ・クルーニー、メリル・ストリープ


先月観た映画でいちばん!!アニメというかぬいぐるみというか、ストップモーションアニメというらしいです。
題名どおり、「ファンタスティック!」な一本。
最初一人で観たんだけど、子供にも見せたくて先月2回観ましたよ。
いつもは吹き替えで観る子供たちですが、ジョージ・クルーニーのシブい声で字幕。
2

字幕デビューでした(笑)
動きを観てるだけでも面白いのでそれなりにウケてました。
単純に面白いし、父と息子の話でもあるし、なんか奥深いの。
ブルーレイソフトを買おうかと思ったくらい大好き。


先月はここまで~。
ウェス・アンダーソン監督の最新作、「ムーンライズ・キングダム」が今公開中なんだよね。
観たいな~~。
いつもの映画館で上映してたら行くんだけど、きっとおしゃれな街に行かないとダメだな(汗。


2013年3月 1日 (金)

2月に観た映画、1/2

観るたびにここで書くつもりだったのに書かないまま2月が終わってしまった!
ちょっと多めなので前半後半で分けます。


Photo「しあわせの雨傘」

監督:フランソワ・オゾン

主演:カトリーヌ・ドヌーヴ


主演が「シェルブールの雨傘」で有名なドヌーヴだからってこの邦題はどうよ。
一応雨傘工場が出てくるけど、この物語の本質ではない。
原題を直訳すると、「飾り壺」。
セリフに「私はこの家のただの飾り壺なのね。」というニュアンスで度々語られます。
ポスターを見た感じ、「アメリ」みたいなほんわかした話なのかと思ってたんだけど、そういや監督はオゾンだった(笑)。
なんだかおもしろい展開でしたよ。


Photo_2「ストロベリーナイト」

監督:佐藤祐一

主演:竹内結子


まだ映画館でやってるかな。先月唯一、映画館で観たもの。
すごく良かったけど、やっぱりドラマシリーズを見ていない人には面白さは伝わりにくいと思う。
大沢たかおってちょっと苦手なんだけど、牧田役はとてもはまってました。
私はやっぱり菊田派(西島君)だけどね!



Photo_3「東京オアシス」

監督:松本佳奈
主演:小林聡美


これは・・・ちょっと語りにくい。
今までのシリーズの中で最も難解。つーか眠かった(汗。
ここまで見る側の解釈に委ねると、賛否両論でしょうね。
この映画から私が受け取ったメッセージはツチブタを是非見てください、だった(笑)。
黒木華さんは今後すごく楽しみな女優さんです。




Photo_5「トゥルー・グリット」

監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
主演:ジェフ・ブリッジス



ジョン・ウェインがオスカーを受賞した「勇気ある追跡」のオリジナル原作を、「ノーカントリー」のジョエル&イーサン・コーエンが新たに映画化。父親を殺された少女が、二人の男と共に犯人を追う姿を描く。←KINENOTEから引用。

結末があっさりしてる。え、こんななの?って感じです。
コーエン兄弟の映画はいつもこんな感じかw




Photo_6「ALWAYS 三丁目の夕日’64」

監督:山崎貴
主演:これって誰が主演になるんだ?堤真一?じゅんくん?堀北?



いつも通り、安心して観れる映画。家族向け。懐かしさいっぱい。
あの時代、必ずしもただ平和で幸せだっただけではないのだけど、この映画を観るとただただ温かい気持ちになれます。
堤真一はこういうお父ちゃん役似合うよねー。




Photo_7「ヒア・アフター」

監督:クリント・イーストウッド
主演:マット・デイモン



冒頭に津波のシーンがあり、映画公開時あの震災と重なったこともあり色々自粛された映画。
やっぱり観るとちょっと胸が苦しくなってしまった。
映画はその津波によって生死を彷徨った女性と、死者と対話できる霊能者、双子の兄を失った男の子の三人の話。
イーストウッド作品にはいつも「死」がそこにあるのだけど、なぜか後味がいい。





前半ここまで。
相変わらず一貫性のないラインナップ(笑)。



さて午後から保護者会。。ああああ。
















« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »

無料ブログはココログ