« ○|_| ̄ =3 ズコー | トップページ | 決して想像しないでください »

2013年2月 1日 (金)

1月に観た映画

もう2月かぁ。
なんとなーく春が近づいてるかもと思ったりする今日この頃。

映画の記録は「KINENOTO」にしているのですが、こちらでも一か月分まとめて載せることにしました。

月初から観た順に。


  
51agy4ahe5l_3
「麒麟の翼」  

  原作がすごく良かったんだろうなーと。
  とても良かったんだけど、スペシャルドラマでも良かった気もする・・。。

51wkfc9pl
「127時間」

  実話ってことで直視できない痛いシーンが尚更恐怖。
  短い尺の中でドキドキハラハラをギュッと閉じ込めていた。
  主演のジェームス・フランコがいい!
  ☆4.5  




51e3fhltml「マネーボール」
ブラピが貧乏弱小球団を立て直すお話。
これも実話だそうで。
面白かったけど、一人で観てたら途中で寝てたかも・・。。

 







D10117505_24mx_9「ブルーバレンタイン」
すごいよ、なんてリアルなのこの映画、です。
一組の夫婦の出会い~別れまで、特に事件もなく進む。
アツアツ時代と破局時代を交互に見せるのだけど、主演二人のルックスも違っていて唸ります。
気まずくなるのでカップルで観るのはオススメしない。
  
こういうストーリーを体験しているカップルが世界中に星の数ほどいるだろうなと想像できる。
そんな話がなぜか美しくせつなく悲しく。
エンドロールが素晴らしい。



R089170793sx_7
「リトルランボーズ」
子供がランボーに憧れて映画を作る、そんな映画だと思って見始めたんだけど、ラストは号泣。
友情物語でもあり、成長物語でもあり、家族の話でもあり。
オススメ!





51m67oerltl
「ソーシャル・ネットワーク」
かのフェイスブックを作った男、マーク・ザッカーバーグのお話。
早い話、この人はちょっと空気読めないというか、人間関係を育むのが苦手な人で、だからこそ誕生したのがフェイスブック。
ああ、そうだったのかー・・・って話。






51ao3y0yeol
「英国王のスピーチ」
さすがオスカー受賞作品。地味な題材ながら、最後には暖かい感動。
やっぱ私この時代背景の映画に弱い(笑)。







51bwaqiziil
 「クロサワ映画」
森三中の黒沢さん。吉本製作なので警戒して見始めたんだけど、意外と黒沢さんが上手くて(というか普段から演技っぽいもんねw)、面白く観れました。
「結局こうなんかい!」と全力でツッコミ。
これもテレビドラマで十分かと・・。





51rolzdanyl
 「一枚のハガキ」 
一転してお堅い反戦映画。が決して重くならずにユーモアたっぷりに描かれています。
新藤兼人監督の体験をもとにされた映画。
みんなこれでもかっつーくらい「上手い」。
大竹しのぶの役はもうちょっと若い女優さんの方がいいんじゃないかと最初思ったんだけど、「文句言わせないわよ」って感じです。

でもね、これこそ「映画」だ!と思った次第です。





・・・一か月分まとめてだと大変だな(汗。
やっぱり今月からは観たらすぐこっちにも書くことにする~。




  

« ○|_| ̄ =3 ズコー | トップページ | 決して想像しないでください »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ○|_| ̄ =3 ズコー | トップページ | 決して想像しないでください »

無料ブログはココログ