« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

ああ、春がくる

明日から3月ですね。
今日は日向に出るとポカポカしてるし、明日も暖かいらしいし、もう春はすぐそこまで来てるのでしょうか。

明日は保護者会なんです。
すんごく憂鬱です。


冬の間はコートでどうにかなってた服装も、暖かくなってくると気を使います。
保護者会・・・なんで明日暖かいのかな。寒かったら今まで通り首まですっぽり覆ったコートを着っぱなしで良かったのにぃ。
何を着ていけばいいのか、考えてると苦しくなってきた(うぅ・・。


会社勤めをしていない私は自由に気兼ねなく使えるお金もないわけで、欲しいなと思った服はとんでもなく高かったりして、安いお手軽な服は着こなすセンスがなかったり。
オットは何でも買えばいい、って言うけど、あなた、やりくりしてる私が買えないって言ってんのよ(クスン。


だいたい高い服にしても安い服にしても、私は今何が似合うのか、よくわからない。
昔は大好きな服屋さんがあって、そこの服を着ていれば間違いなかったけど、それも会社勤めをしているからこそのファッションで。


たまにしか出番のない服を、どう選べば、どこで買えばいいのかわからない。
春が来るのを前にして、ワールドやオンワードのオンラインショップを見てはため息ついてます。


好きな服を着てればいいじゃない!って思う自分と、もう年相応の格好をした方がいいと思う自分がいる。
好きな服は高いし年相応の服も高いんだよ。
結局お金か。外で働けってことか。



はぁ~~~!!!
書いてたらどんどん追いつめられてきたのでこのへんでやめとく。

あぁ・・・(まだww














2013年2月26日 (火)

ジェニファーといえば誰だ

昨日は年に一度のお楽しみ、アカデミー授賞式でしたね。
これとグラミーのためにWOWOWに加入しているようなもんです。

朝、すごい勢いで家事を片付けて、生放送で観ました♪


今年のスタジオゲストには、なぜかあっちゃんがいた。(最近キンタローばっかりだったので久しぶりの本物w

なんでもかなりの映画好きだそうで。レ・ミゼラブルは4回も観たらしい。
映画好きってことで呼んだんなら成海璃子ちゃんの方が詳しいのに~!
ちょっとマニアックすぎるか(笑)

それにしても現地リポートの中野アナ(元フジテレビ)はひどかった。
英語が通じない、つまんないことしか聞けない。
もっと慣れてる人にしてほしい・・。
グラミーでリポートしていた小牧ユカさんだけでいいじゃないかと思うのですが。



さてさて今回はヒット作揃いで、どれが作品賞を獲るのか全く予想できなかったのですが、
結果は「アルゴ」。
監督のベン・アフレックのスピーチがグッときた。
うんうん、ずいぶん干されてたもんねぇ・・。
ジェニファー・ロペスと付き合ってた時なんか落ち目まっしぐらって感じだった。
相方(?)のマット・デイモンが順調にキャリアを重ねていってたから余計かわいそうな感じだった。
ジェニファー・ガーナーと結婚してから、徐々に浮上してきたのよね。
良かった良かった。


ところで授賞式、出演者は豪華だしそれなりに見応えはあったけど、司会は去年の方が面白かったかも。
構成もイマイチ・・・なんで作品賞の発表をオバマ大統領夫人にさせるのか。
もし作品賞が「ゼロ・ダーク・ダーティー」だったら?
ダメでしょ、やっぱり・・・。

ミュージカル映画特集ってことで、キャサリン・ゼタ・ジョーンズが「シカゴ」のパフォーマンス、ジェニファー・ハドソンが「ドリーム・ガールズ」の歌、「レ・ミゼラブル」のキャストがオールスターで出てきたんだけど、キャサリンだけスタンディングオベーションじゃなくて気の毒だった・・。


「レ・ミゼラブル」のキャストが一斉に歌ったのはすごかったです。
何がすごいって、ラッセル・クロウが生で歌ってたよ!(笑)


主演女優賞のジェニファー・ローレンスが階段でこけたとき、ささっと駆け寄って手を貸そうとしたのは映画共演者のブラッドレイ・クーパーかと思ったのだけど、ヒュー・ジャックマンだったらしい。
ステキ!紳士!



あーやっぱり面白いな、アカデミー賞。
同時通訳でイマイチ何を言ってるのかわかりづらかったので、もう一度字幕バージョンでも観ます☆



で、ジェニファーといえばジェニファー・ビールス。(ワラフィーリンッ!















2013年2月20日 (水)

ピピッと

昨日の夕飯準備の時に、ガスコンロの左側だけ火が点かなくなった。
もしかしてそろそろ寿命なのか・・?
入居したころから使ってるから、丸12年。
ガスコンロってどれくらいもつんだろう。
壊れるまで使おうと思いつつ、魚用グリルはコッテコテだし、いきなり壊れたら不便だから、そろそろ買い替えたほうがいいってことかな。


どうしよっかなーとネットで色々調べてた。
やっぱり通販で買う方が安い。
安いと言っても最低6万円はかかる。痛い。
でもいつかは買替なくちゃダメだし、やっぱりそろそろかなぁ。


で、今朝お弁当を作ろうとしたら、コンロ全滅してたΣ( ̄ロ ̄lll)

ガス臭いのに火が点かない。
火が点いてもすぐ消える。
魚用グリルも点かない。


いきなり?!
お湯も沸かせないし何も焼けないしどうしよう~~とオロオロ。
結局お弁当はあきらめたんだけど、よく考えたらホットプレートを使うとか、カセットコンロを使うとか、何とかできたのよ。

それでもこのままガスコンロが使えないとめちゃくちゃ不便。
ああ、こんな急に買い替えることになるなんて!


テンパってる私を見てオットが一言。


「なんか楽しそうだね。」


いや!何?!楽しいわけないやん、困ってるねんよ、どうしよう、買替?
そりゃまぁ、新しくなるのは嬉しい、でも当然お金もかかるし、今夜の夕飯どうやって作ろうか、ああ、ネットで注文?


「とりあえず電池換えてみれば?」


電池?これ換えて治るかなぁ・・。そんな原因じゃないと思うけど・・。
家に単1電池はなかったので、買ってきて、交換。



点いた\(;゚∇゚)/



あっさり。予想通りの展開ですか?(笑)

そんなわけで買い替えはしなくて済んだんだけど、なんかこう、ホッとしたようながっかりなような複雑・・。


とりあえずお金貯めよう・・。

2013年2月15日 (金)

本日のMステ

サカナクションの新曲、またまた面白いですね。
なんか聴いちゃう。ジッと。

ELTは歌い方が昔とは違うので、今CMで流れてる曲は歌わない方が良かったんじゃないかな・・。
持田さんはカラオケで聖子ちゃんの「いちご畑でつかまえて」を歌うと言っていた。
いいね!私もこの曲大好き♪♪


そして、あの人です。
PVがひどいことになってるとかいろいろ言われてたし、カラオケ大会なら家でやれ!とか、まぁ散々な言われような倖田來未。
なんでよりによってまたオザケンの「ラブリー」をカバーするのか。
全然期待してなかったというか、きっとひどいことになってるのだろうと覚悟して観たので、予想よりひどくなかったことにほっとした。
原曲の良さだけでなんとか聴けたという感じですが。


それよりも、歌う前にタモさんと話していた、「歌うきっかけ」です。
なんだよあれ。

「これ絶対アレンジしたらめっちゃかっこよくなるなぁ思て~。」


はぁ?



スタジオにカラオケ機材を持ち込んで、いろいろ歌って世間で人気のある曲を選んだと。
つまり元々原曲が大好きで歌ったわけではないのよね。
だからあんな意味不明な仕上がりになっちゃうのよね。

テレビの前でプンスカ怒ってたら、チュージが


「あ~確かにこの人には似合わないね。」 だって(笑)。


カバーアルバムを出せば売れるだろうという安易な戦略がミエミエ。
愛のないカバーはやめてほしい、ほんとに。



2013年2月12日 (火)

イエスタデー

グラミー賞、生で観たかったのに家族に却下された。
発表は自分で観るまでのお楽しみにする!って思ってたのに今朝のめざましテレビで殆ど見てしまった(;´д`)トホホ…

予想を事前にここで書いておこうと思ってたのにすっかり忘れてた。
最優秀の予想、当たってましたよ。(ホントにホントに~)

最優秀レコード賞のGotyeは、PVが印象的だったので子供らも覚えていた。
80年代はPVの面白さから洋楽ヒットチャートにはまっていった人も多いよね。
今もこういう面白いPVがたくさんあるから、テレビでもどんどん流してほしいけど・・。
私が録画した「ベストヒットUSA」を子供がチラ見してたりする程度。

ああ、スカパーのチャンネルなら洋楽PVを流す番組があるのか。
スカパーにするとアニメのチャンネルもあるから、そっちばかりになりそうで嫌だなぁ。
んー。


そうそう、グラミーでは今年もBruno Marsのパフォーマンスがあるみたいで、しかもスティングとあの曲をセッションしていた!
後で録画してあるものを全部観るのが楽しみです☆




* * * * 


ユーナが「今年のバレンタインはどうする?」とコソコソ聞いてきた。
去年は二人で型抜きのクッキーを焼いてお父さんとお兄ちゃんに。
今年もクッキーにしようか。チョコチップのクッキーはどうよ?
「うんうん。じゃあ材料買ってきて。」とまた耳打ち。

なんだ、一緒に準備しないの?と聞くと「あんまり目立つと気づかれる」とまたヒソヒソ。
そんなわけで私が買い物のついでにチョコチップを買ってきて、オットが昼寝中、チュージがゲームに夢中になってる間に二人で作りました。


ホットケーキミックス150グラム、無塩バター70グラム、牛乳70ml、チョコチップ50グラム、砂糖(ヨーグルトに付いてた8グラムの袋一つ)を混ぜてクッキングシートにスプーンで丸く落とし、170°のオーブンで20分焼く。


想像以上に簡単に出来上がりました☆
袋に入れて、まだバレンタインデーではないけれどお父さんとお兄ちゃんにプレゼント。
オットは普段甘いものは食べないけど、もちろん全部食べた。
お兄ちゃんは一度に全部はもったいない、と少しずつ。

ユーナは残りのクッキーを食べて、私には1個だけくれました。
協力したのにたったの1個・・。
ユーナ曰く、「だってこれはお兄ちゃんとお父さんへのプレゼントだから。」
はいはいそうですね。
クッキー、めちゃくちゃ美味しかった!
簡単だったので、また作りたい♪
今度は私もいっぱい食べるから!(←もっと食べたかった

2013年2月 8日 (金)

決して想像しないでください

土曜日にオットが胃腸炎になり、どんなにお酒を飲みすぎても気持ち悪くなっても吐かない人なのに吐いた。
日曜日は一日絶食して、月曜日には元気になり普通に出社。
いっつも休みの日に具合が悪くなって仕事を休むことがないのはスゴイ。
(半分嫌味。)

で、吐いたって言ってもトイレだし、まぁうつることはないだろうと思ってた。
しかーし。

ああ、どうしてウチの男子は。
月曜日、学校から帰ってきたチュージは随分としんどそうだった。
居残りしてきたから疲れたのかなと。
でも夕飯を食べるスピードが異常に遅くて。
一時間経ったとこで半分も減ってなかったので、「もう食べなくていい。」と下げた。

まずユーナがお風呂に入って、私が入って、入れ替わりにチュージが入った。
そしたらすぐに「お母さん、なんか吐きそう。」

!!!すぐにトイレに行け!とお風呂から出たものの、間に合わず脱衣所で・・・。
うわぁ~~~(泣)
ほらっすぐトイレに!
また間に合わず廊下で、トイレの床で、最後にやっとトイレで。


吐いたらスッキリした顔をしてたので、お風呂に入って洗いなさい、と。
そこからがねぇ・・・久しぶりだったなぁ~~後始末。
私、お風呂から出てすぐに吐かれたので、まだ全裸だったんです。
ええ。全裸で後始末しましたよ(泣)

ひたすら古タオルでふき取り、捨ててまた古タオルでふき取り。
キッチンハイターを薄めたお水で古タオルを濡らし、またふき取り。
いろんなとこに飛び散ってるから念入りに探して拭いて。
最後にアルコール除菌スプレーを吹きかけて拭いて。
何が効果があるんだかわかんないけど、とにかく何度もふき取った。

全裸で_| ̄|○


チュージがお風呂から出る頃にはすっかり片付けも終わったんだけど、30分くらいかな。
すっかり身体が冷えてしまったのでまたお風呂に入りました。

結局チュージはオットと同じ胃腸炎。熱は出なかったからまだマシか。
二日間学校を休んで、一日絶食、後はお粥から少しずつ。。


あ~~先月はインフルエンザ、今月は胃腸炎って。
全部もらうなよー。


今回もユーナにはうつらず、女二人は元気いっぱいでした( ̄▽ ̄)



全裸で拭き掃除とかね、なかなか屈辱的でしたよ。
ユーナはテレビの前から動かなかったし(ニオイが嫌だったんだって)、オットもいなかったしチュージはお風呂に入ってたから誰にも見られなくて済んで良かった。


胃腸炎キライ!




あ。裸で思い出したんだけど、投げボーさんとこにコメントしたのに全く反映されない。
なんでだー。








2013年2月 1日 (金)

1月に観た映画

もう2月かぁ。
なんとなーく春が近づいてるかもと思ったりする今日この頃。

映画の記録は「KINENOTO」にしているのですが、こちらでも一か月分まとめて載せることにしました。

月初から観た順に。


  
51agy4ahe5l_3
「麒麟の翼」  

  原作がすごく良かったんだろうなーと。
  とても良かったんだけど、スペシャルドラマでも良かった気もする・・。。

51wkfc9pl
「127時間」

  実話ってことで直視できない痛いシーンが尚更恐怖。
  短い尺の中でドキドキハラハラをギュッと閉じ込めていた。
  主演のジェームス・フランコがいい!
  ☆4.5  




51e3fhltml「マネーボール」
ブラピが貧乏弱小球団を立て直すお話。
これも実話だそうで。
面白かったけど、一人で観てたら途中で寝てたかも・・。。

 







D10117505_24mx_9「ブルーバレンタイン」
すごいよ、なんてリアルなのこの映画、です。
一組の夫婦の出会い~別れまで、特に事件もなく進む。
アツアツ時代と破局時代を交互に見せるのだけど、主演二人のルックスも違っていて唸ります。
気まずくなるのでカップルで観るのはオススメしない。
  
こういうストーリーを体験しているカップルが世界中に星の数ほどいるだろうなと想像できる。
そんな話がなぜか美しくせつなく悲しく。
エンドロールが素晴らしい。



R089170793sx_7
「リトルランボーズ」
子供がランボーに憧れて映画を作る、そんな映画だと思って見始めたんだけど、ラストは号泣。
友情物語でもあり、成長物語でもあり、家族の話でもあり。
オススメ!





51m67oerltl
「ソーシャル・ネットワーク」
かのフェイスブックを作った男、マーク・ザッカーバーグのお話。
早い話、この人はちょっと空気読めないというか、人間関係を育むのが苦手な人で、だからこそ誕生したのがフェイスブック。
ああ、そうだったのかー・・・って話。






51ao3y0yeol
「英国王のスピーチ」
さすがオスカー受賞作品。地味な題材ながら、最後には暖かい感動。
やっぱ私この時代背景の映画に弱い(笑)。







51bwaqiziil
 「クロサワ映画」
森三中の黒沢さん。吉本製作なので警戒して見始めたんだけど、意外と黒沢さんが上手くて(というか普段から演技っぽいもんねw)、面白く観れました。
「結局こうなんかい!」と全力でツッコミ。
これもテレビドラマで十分かと・・。





51rolzdanyl
 「一枚のハガキ」 
一転してお堅い反戦映画。が決して重くならずにユーモアたっぷりに描かれています。
新藤兼人監督の体験をもとにされた映画。
みんなこれでもかっつーくらい「上手い」。
大竹しのぶの役はもうちょっと若い女優さんの方がいいんじゃないかと最初思ったんだけど、「文句言わせないわよ」って感じです。

でもね、これこそ「映画」だ!と思った次第です。





・・・一か月分まとめてだと大変だな(汗。
やっぱり今月からは観たらすぐこっちにも書くことにする~。




  

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

無料ブログはココログ