« まえむいてこー | トップページ | 気づくとニヤニヤしてる »

2011年10月25日 (火)

「謎解きはディナーのあとで」

謎解きはディナーのあとで 東川 篤哉 著

大変売れているし本屋大賞も獲った作品なので言葉に注意しなけれなならない。
しかーし。
人それぞれの感想というものがあるのだろうけども、ここは私のブログであるので好きなように書かせていただくことにする。


つ ま ん な い。


一応フォローさせていただくと、もちろんこれがツボに入ったという人もたくさんいると思います。
だからこそ「本屋大賞」にまでなったんでしょうし。
ただ、私はこういう感想だったというだけです。


実はまだ最初の章しか読んでいない。
(そんなんでこの感想書くなよっというツッコミが聞こえるが気にしない。)
話題になったからこそ義母が購入し私に回ってきたのだし、ドラマ化もされた。

でもなんでこれが話題になったのかまったくわからない。
あ、ドラマ化された理由はわかる。簡単そうだもんね。脚色しやすいだろうし。
なんせ原作がすってんてんのアンポンタンに貧しいプロットだから。

実際先週放送されたドラマの初回を観たのだけど(私が読んだ第一章の部分だった)、
原作より面白くなってました。
やたらみんな大根ですけど、そいいう演出なんでしょうね。
まじめに演じるような内容じゃないし、あそこまでギャグタッチにしないと面白くはならない。
翔くん、「神様のカルテ」は評判良かったのに・・・桔平さんも何かをふっきったような(笑)
北川嬢はぴったり。難しい役じゃなくて良かったね(毒)

原作では足りなかった細かい「面白くなりそうなとこ」がドラマでは補充されていた。
たった一章しか読んでないので、ひょっとしたら第二章以降で触れてるのかもしれないですけどね。
そこを第一章に持ってきたのだとすれば、脚本がうまいってことなのでしょう。

それにしてもなんでこんな本が「本屋大賞」?
今まではずれなかったんだけどなぁ。
がっかりです。
それこそ「クビクビクビーッ」と叫びたい気分です。
こんなんで「ミステリー」って名乗ってほしくないしこんなんで「ユーモア」とか言うなって。

続きは一応これから読みます。
最後まで読んで感想が変わったらまたここで訂正の記事を書きます。










    

« まえむいてこー | トップページ | 気づくとニヤニヤしてる »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

つまらんのか(笑)
気になってはいたものの、値段が高めだからやめておきました。
ええ、売れた本はブックオフの100円になる待ちの刑ですw

このままずっとつまらなかったら、時間の無駄だったムキー!と、ちゃんと教えて下さいな。

うん。これね、私の好きな高野秀行さん(辺境作家)も同じように
「なんでこれが本屋大賞受賞??」って書いてるの見てたので
はなから読む気ナッシング(セーフ!

ドラマは娘が楽しそうに見てるのでまぁよしとして、世間では
これを絶賛する人としない人に分かれるんだろうなぁと。
しない側の人と合うんだろうなぁと、勝手に判断したりして。

おもしろいものを見るとみんなに言いたくなるけど、逆につまんないのに
触れても言いたくなるよね!
つまんない方が怒りも混ざるから余計言いたくなるかも!

ん?そういう意味では 話題の作品 ってことになるのかな?!

ダラ子しゃん


ええ、つまらんですよw
これね、買って後悔した人も多そうだからそろそろブックオフに大量に並ぶと思うよー。


まだ第二章までしか読んでないの。
それも短いんだけどね、早く次!って気にならないのです。
ドラマを観る前に読んどくかって感じで。
いかにドラマで面白くなってるか確認するために。(ヒドイ


全部読んだらちゃんと報告しまっす!

マリーコさん


ほぉ、やはりこれが本屋大賞ってことに疑問を持つ人がほかにもいるのですね。
私、さぞかし面白いのだろうと意気込んで読んでしまったので、がっくり度も大きかったです(-゛-メ)

あまりのショックでついつい「つまんない!」というお怒りモードの記事を書いてしまいました(汗
これ面白いって言う人もたくさんいるとは思うんです。
読みやすいしね。軽いし。
でも私には合わんかったなーってことで。

どうやら賛否両論の作品みたいなので、確かに「話題作」ですね(笑)
ドラマは翔くん萌えのために毎週観ます♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まえむいてこー | トップページ | 気づくとニヤニヤしてる »

無料ブログはココログ