« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月28日 (金)

気づくとニヤニヤしてる

日曜日、新しく始まったドラマを観ました。
一時はマニアックな映画でしか見ることのできなかった姿が、ここ数年は連続ドラマで見ることができるようになって、嬉しいはずなのですが。

もしかしたら今回のドラマは見続けることができないかも。



だって、だって、こっぱずかしいんですもん!西島くん!!




本人待望のラブコメだそうですが、そしてもちろんそのお姿もステキなのですが、とにかく見てて恥ずかしい。
なんか照れちゃうっていうか。(←アホなんです
トニー・レオンの「ラスト・コーション」も恥ずかしくってまだ観れてないんですから。
だって照れちゃって。(←アホですから

挙句のドラマの主題歌、スピッツが原田真二の「タイムトラベル」をカバーしてるやつだなんて!(鼻血

毎週私に鼻血垂らせというのですか。ぶー。



まじめな話ね、ほんとここ数年多いよね、西島君が出てるドラマ。
しかもフジテレビが多いよね。


映画でしか見れなかった時代は「テレビも出て~~」って思ってたくせに、こうやってしょっちゅう出てくるとなんかかえって冷めちゃったりするのはなんでだろ。


ん?これだと冷めてるのか好きすぎるのかどっちかわかんないですね。
好きは好きなんだけど。


ラブコメなら相手役の女優さんも好きでないと見れないな、やっぱり。
別にアンチ韓流ってわけではないけれど、今回の相手役は・・・。
うーーーーーん。やだ。

あさって、見る?見ない?さぁどっち!(ご勝手に?



* * * * * * * * * * * * * * 



本日の男女ツイン (まだがんばってみた

ON THE SURFACE  / Pulse, Pulse






いやー、探せばあるもんですね。
2001年、ボストンで結成されたバンドで、2009年に日本でもデビューしてます。
シンプルプランのライブでオープニングアクトを務めたこともあり。
ヘザーちゃんのルックスもまぁまぁだし、いいんじゃないでしょうか。

ふふん。(ドヤ顔



2011年10月25日 (火)

「謎解きはディナーのあとで」

謎解きはディナーのあとで 東川 篤哉 著

大変売れているし本屋大賞も獲った作品なので言葉に注意しなけれなならない。
しかーし。
人それぞれの感想というものがあるのだろうけども、ここは私のブログであるので好きなように書かせていただくことにする。


つ ま ん な い。


一応フォローさせていただくと、もちろんこれがツボに入ったという人もたくさんいると思います。
だからこそ「本屋大賞」にまでなったんでしょうし。
ただ、私はこういう感想だったというだけです。


実はまだ最初の章しか読んでいない。
(そんなんでこの感想書くなよっというツッコミが聞こえるが気にしない。)
話題になったからこそ義母が購入し私に回ってきたのだし、ドラマ化もされた。

でもなんでこれが話題になったのかまったくわからない。
あ、ドラマ化された理由はわかる。簡単そうだもんね。脚色しやすいだろうし。
なんせ原作がすってんてんのアンポンタンに貧しいプロットだから。

実際先週放送されたドラマの初回を観たのだけど(私が読んだ第一章の部分だった)、
原作より面白くなってました。
やたらみんな大根ですけど、そいいう演出なんでしょうね。
まじめに演じるような内容じゃないし、あそこまでギャグタッチにしないと面白くはならない。
翔くん、「神様のカルテ」は評判良かったのに・・・桔平さんも何かをふっきったような(笑)
北川嬢はぴったり。難しい役じゃなくて良かったね(毒)

原作では足りなかった細かい「面白くなりそうなとこ」がドラマでは補充されていた。
たった一章しか読んでないので、ひょっとしたら第二章以降で触れてるのかもしれないですけどね。
そこを第一章に持ってきたのだとすれば、脚本がうまいってことなのでしょう。

それにしてもなんでこんな本が「本屋大賞」?
今まではずれなかったんだけどなぁ。
がっかりです。
それこそ「クビクビクビーッ」と叫びたい気分です。
こんなんで「ミステリー」って名乗ってほしくないしこんなんで「ユーモア」とか言うなって。

続きは一応これから読みます。
最後まで読んで感想が変わったらまたここで訂正の記事を書きます。










    

2011年10月24日 (月)

まえむいてこー

月曜日です。
昨日は蒸し暑かった。今日もどんよりなお天気。

こういう日は中々エンジンがかからない私です。
もうお昼なので午後からはシャキッとしなくちゃな。


今はとにかく家のことをキチンとしなければと、何度も思う。
そして穏やかな気持ちで子供たちを見守りたい。


春以降、いつも心の隅にあるのは「私だっていつ死ぬかわからないのだ」などというどうしようもない気持。

今こうしてなんてことない毎日を過ごしていられてることが奇跡で、それはいつ何がきっかけで変わるかなんて誰も予測できない。

もしそうなったら・・ってビクビクするんじゃなくて、今はとにかくできることを確実に。


もう後悔したくないし。


そんなことを週の初めはなんとなーく考えてしまいます。
ま、いつもいつもそればっかり考えてるわけじゃなくてね。
あくまで心の隅っこにちんまり座ってる。



さ、とりあえず昼ごはんっと。



2011年10月23日 (日)

IPPON 2011

*注意* 以下の記事にはIPPONグランプリの結果、内容も記されています。
       まだ観ていなくてまっさらな気持ちで観たい人は今すぐここから立ち去って!



はい、今日も酔ってます♪だって週末だから♪
でもたいしたことないんです。ほんとに酔ってるときは寝ちゃってます。
ほろ酔いって気持ちいいな~

今回のIPPONグランプリは意外な結末となりました。
前回で私はますますホリケンのファンになったので、今回も出場すると知ってワクワク。
でも優勝なんてことは期待してなくて、結局バカリズムとジュニア、もしくは有吉がするんだろうな~って予想してました。
そうだとつまんないな、とも思ってたけど、まさかまさかこんな決勝になっちゃうとはね!

でも今日は誰が観ても絶好調だったよね、ホリケンと桂三度(ナベアツ)。
決勝がグダグダになってしまって(笑)、ここはナベアツじゃなくてジュニアが決勝に進んでた方がホリケンももっと面白かったかもな~とも思ったけどw
ま、今回はこれはこれで良かったんじゃないでしょうか。
伝説になりそう(笑)。


今回ホリケンが優勝したことで、一回この大会はリセットされたように思います。
バカリズムも有吉ももう一周しちゃったような感じがするし(というか見る側のハードルが高くなってる気がする。)、そろそろメンバーを一新した方がいいんじゃないかなー?

とはいえじゃあ誰がいいかってなると出てこないんだけど。
今の若手ってどうなのかな。
人気はあるけど、ホリケンの破壊力には勝てないでしょ。


こんなエラソーなこと書いてますけど、私昔はネプチューンが、その中でもホリケンが大嫌いだったんです(汗
大阪に住んでると「大阪のお笑いがイチバン!」になっちゃってて。
でも今は新喜劇もネプチューンも楽しい。
シアワセーヽ(´▽`)/


はぁ~書ききってほっとしたのでそろそろ寝ます。
明日は日曜日か・・・。








2011年10月21日 (金)

「(500)日のサマー」

(500)日のサマー [DVD]     主演:ジョセフ・ゴードン・レヴェット、ズーイー・デシャネル



はーいやっと観ました♪ビールとワインで酔っぱらってマース♪

これは保存版にしたいくらい好きです。
先にサントラを聴きまくっていたので、馴染みある音楽ばかり流れてニヤニヤ。
そしてやっぱりズーイーちゃんがめちゃくちゃかわいくて、ラストもとてもいい感じでした。

なんか感想が「シルシルミシル」の堀君の「とってもおいしいです」バリに失笑ものかもしれないですけど、良かったもんは良かったんです。
おいしいもんはおいしいとしか言えないじゃないか!(どうした

題名通り500日にわたるサマーという女の子との日々を描いたものなのですが、過去や最近を行ったり来たり。

途中、ホール&オーツの「You Make My Dreams  」が流れるシーンが、「モテキ」映画のワンシーンに似ていたんですけど、パクリ?
と思ってググってみたらやっぱりこのシーンは「500日・・」をパクっ・・いやオマージュしてるらしいです。
似てるもん!納得。

クロエ・グレース・モレッツっちゃんも出ててニマー。
かわいい。「キック・アス」の女の子です。
この子がどういう関係なのか一切説明がないのだけど、相談相手として普通に登場します。
・・今調べたらどうやら親戚の設定?作中で触れてたのかな。



ジョセフ・ゴードン・レヴィットもはまってた。
ズーイーちゃんの着てる服がかわいすぎる。もう40過ぎには無理ですかそうですか。

* * * 

この映画もWOWOWでやってたのを録画してあったものなんですけどね。
4月に放送されたものなので、最悪なロゴの常時表示もなく快適に観れました。
最近のものはまだ観てないので何とも言えないのですが、やっぱり右上にロゴがあると気になるよなぁ・・・。
解約してレンタルでもいいかなーと思い始めてます。


書いてるうちに酔いが醒めてきた。
もう一杯飲むか!(やめとけー














2011年10月20日 (木)

「十七歳の肖像」

17sai_4主演:キャリー・マリガン

これも良作でした。
観終わった後、いつまでも余韻が残る映画が好きです。

この映画は流れる音楽やファッション、どのディテールも素敵。
ストーリーは結構辛辣な展開なのだけど、ラストが上を向いていて晴れやかです。

この映画も主演の女優にかかっていて、やっぱりキャリー・マリガンじゃないとダメだったろうなと思う。

脇を固める俳優さんたちも完璧。


年上の男の人がとても魅力的に見える年頃ってあるよね。
私もあったなー。
すごく大人に見えて、どんどん惹かれていった。
後から考えると大した男じゃなかったんだけど(ヒドイww

大事なのはそのあとの自分。
泣いて終わっちゃうのか、前を向いてリスタートするのか。
いろんな経験は全部、オトナになるための勉強なんだよね。




「川の底からこんにちは」

Kawanosoko_2主演:満島ひかり


いい映画観たなー。

主人公、佐和子役の満島ひかりがすごくイイ。キテます。モテキ。
「ウルトラマンマックス」に出てた頃はこんな風になるとは思わなかったなー。
今年はNHKの「おひさま」でもよかったし、観てないけどフジテレビで連ドラに出てたらしいし、引っ張りだこでしたね。

たぶん園子温監督の「愛のむきだし」という映画あたりから評価が上がってきたのだと思われます。
なんかね、振り切ってるのですよ演技が。

この映画でもそんな彼女の魅力が満載の、笑いながら泣ける、泣きながら笑える映画でした。
ちょっと観る人によっては拒絶感があるかもしれない、アクの強い映画です。
岩松了さんの、酔っぱらうと下ネタしか言わないけど根はいい人という田舎にいそうなおじさん役も面白かった(笑)

ちなみに満島さんは現在この映画の監督夫人です。




昨日はお昼にいいことがあってうふふのふーだったのが夜には気持ちダウンでした。
そんなもんだ。 しょうがない。

開き直ってがんばろ、佐和子みたいに。











2011年10月18日 (火)

私としたことが!

歌手とか俳優さんとか、新人さんが出てきても覚えるのが早いのが自慢です。
(何の役にもたたないけどねっ

でも最近なかなか名前が出てこなくなったりしてね・・・
ちょっと悔しい。
「もうトシだね。」とか言われるのが悔しい。
でも昔ほど興味がなくなってきたせいなのかもな~と思ったりする。


最近よく見るCM、ドリンク剤「唐辛子の力」って知ってます?
この二人、何回観ても同じ俳優さんに見えて、でも違うような気もして気になってて。
調べたら全く別人(松坂桃李と大東俊介)だったΣ( ̄ロ ̄lll)


二人とも知ってる俳優さんなのに・・。



出直してきます(TωT)ノ~~~



* * * * * * * * * * * * * 


本日の男女ツイン

Some & Any / Love is the answer



ググっても英文法ばっかり出る~、wiki見つけたけど英語で読めない~。
たぶんドイツのデュオなんです。
男子の方の顔が隣のコータくんに似てる。
YOUTUBEでいろいろ聴いた限り、この曲が一番好き。

2011年10月14日 (金)

めがね

チュージがメガネ男子になった。
去年の健診から視力が落ち気味だったのだけど、今年春の健診でメガネ通告。

それから授業中だけかけていたのだけど、先日眼科に行ったらずっとかけておいた方がいいと言われた。
「0.5だったら僕より視力悪いですからね(笑。」と小藪千豊に雰囲気の似た、メガネをかけた先生に言われてチュージも観念したようだ。

嫌がってたんです。ずっとメガネかけるの。
恥ずかしいんだって。

それにしても近視というのは遺伝するのだろうか。
私も小学3年生頃から視力が落ちて、4年生からメガネ。
でも私は授業中だけしかかけないって意地はってたけどw (チュージには内緒w
高校に入学してからソフトコンタクトレンズにして、就職してからハードコンタクトレンズにした。
いつの間にか視力は両目とも0.1以下。確か0.01とか。
コンタクトレンズを外すと何が何だか。
夜はメガネです。

同級生の男子は外でDSとかやり放題なのに視力は落ちていないと言う。
チュージはゲームも制限してるのにな。
あ、テレビっ子だから結局一緒なのかな(汗

ユーナも最近怪しい。
テレビにやたら近づく。
目が悪くなるよー!って言うと、「いいよ~。ピンクのメガネ似合ってたでしょ。」だって。
チュージのメガネを買いに行ったときにユーナもあれこれかけていたのだった( ̄Д ̄;;

子供のメガネは安いんだろうと思ってたら私のメガネより高い!
ま、私のはJINSのメガネで4000円くらいだから格安なんだけど。
チュージのメガネは15,000円。
昔に比べたら安くなったんだろうなぁ~。

これ以上視力が落ちなければいいのだけど。
年に数回の眼科通いがチュージの医者通いにプラスされました(耳鼻科、矯正歯科につづく)


さて私も気になることが。
本を読んでるとね、どうもピントが合いにくいんだよね・・・。
まさかこれって。
まさかまさかー。いやまだ早いでしょ。
気のせいだよね。
でもあのキョンキョンでも、もうそうなんだって言ってたし。
KANさんもコラムでそのメガネを何個か揃えたと言ってたし。
でも二人とも私より4~7歳上だし。
まだまだ。まだまだー!


* * * * * * * * * * * * * * 


本日の男女ツイン (昨日書き損なったやつ。)

Hoobastank ft. Vanessa Amorosi / The Letter




フーバスタンクのボーカルってジョン・キューザック(好き♪)に似てるなぁって思ってたんですけど、この人ってお母さんが日本人なんですってね!
日本語はしゃべられないみたいですけど。

フューチャリングされてるヴァネッサ・アモロッシはオーストラリアのSSWですって。(また!
それだけしかわかんなかったΣ(;・∀・)

2011年10月13日 (木)

ココログキライ

たらたらのんびり書いてやっと投稿しようとしたら消えた。
ココログのせいというより私がヘンなキー押しちゃったからなんでしょうけど。
復元できないのね・・・。

だるいのでアリナミンAを飲んで最近26歳の頃の日記を捨てようと思ってその前に読んでみてあー私若かったって思って大人になってたなーって安心してWOWOWの新番組は面白そうだけど司会のジョン・カビラがハイテンションで見てる私が息切れで男女ツインをまた見つけたらだるいのが治ってきてアリナミンが効いたのかなーっていう記事でした。


_| ̄|○




2011年10月11日 (火)

ひかりカエザル

ひかりTVのチューナーが届いた。
さっそく昨日取り付けてみた。

すごいねー。チャンネルが多いね。
スカパーと一緒なのかな。
ずっと見てみたいと思ってたスペースシャワーTVとかMTVとかも観れる♪
が、昨日は休みだったのですぐ子供にチャンネル権を奪われた(汗
ディズニーチャンネルばっかり。

んで今日は今のうちにと昼の間に観てみました。
延々PVが流れてるのねー。

いかん。
ただでさえついついボケーっとしてしまうのに、こんなチャンネルがあったらますます。
それにひかりTVを観てる間はネットできない。
今はLANケーブルをいちいち抜き差ししてそれぞれつないでいるため。
はーめんどくさい。

録画もできない。
外付けHDD(それもひかりTV対応のもの)を取り付けなくちゃだめで。



子供は延々観たがるし、あんまりいいことないのですぐに解約します。
二か月間無料なんだけど、一週間くらいでやめちゃうかも。


やっぱりWOWOWが私には一番ちょうどいいな。
そういえばカラーロゴの件。
苦情が殺到したらしく、辛うじて白ロゴに変更になった。
デザインは悪いまま。
もうこれ以上はどうにもならないかなー。
ひかりTVでいろんなチャンネル観たらもっとひどいもんね、ロゴ表示。でかでかと。



* * * * * * * * * * * * * 


本日の男女ツイン

the milky tangerine / Your beautiful mind



曽我部恵一プロデュースでソロ活動していた柳田久美子が、高校時代に組んでいたバンドメンバーとともに結成したらしいです。
この曲はツインですが、彼女ソロの曲の方が多いみたい。(チッ 

そろそろネタが尽きてきたぞー むー。












2011年10月 6日 (木)

ボーイフレンド

ユーナには仲の良い男の子がいる。
まあくん。
同じマンションで一年、二年と同じクラス。
ユーナはまあくんが誘いに来た時だけ喜んで外に遊びに行く。
とにかくウマが合うらしい。


学校で給食を一口も食べられず、先生に「とにかく一品は食べなさい。」と叱られシクシクと泣いていた日。
まあくんが傍に来て「どうしたの?」と一言聞いた後、心配そうに横で立っていたらしい。
嬉しかったんだろうな。伏し目がちに教えてくれた。


一緒に虫を探したり、どんぐりを埋めたり。
キレイな石を見つけては「宝石!」と喜んだり。


久しぶりに会ったママ友に、「ちょっと!ずっと聞きたかったんだよ~」と呼び止められた。
「ユーナちゃんさ、いっつもまあくんと仲良く遊んでるよね~!何何?やっぱり好きなの?」

彼女によると、あまりに仲が良いので相思相愛かと母ちゃん連中の間でウワサになってるという(笑)


いや、そりゃ嫌いだったら遊ばないだろうけど。
そういう感じじゃなくて。

二年生くらいになると男女二人で遊んでるのは珍しいのだろうか。
あぁっ!
まわりのオトナのいやらしい目線のせいで二人の仲がぎこちなくなるのは嫌だ(;;;´Д`)


そんなまあくんの母としゃべっていたら、もしかしたら春に転勤で引っ越すかもしれないという。
そうなったらユーナはどんなにがっかりするだろう。
まだわかんないけど・・。


オトナになってから、甘酸っぱい思い出になってるといいな。









2011年10月 5日 (水)

生涯ベスト・・・・?

10月からWOWOWは3チャンネルハイヴィジョンになったらしい。
画質が良くなったとか悪くなったとか、実はよくわからない。
大体録画して見てるし。

が。
今までなかったものが画面に。
先月までは映画の途中に数回ふわ~っと薄く「WOWOW」の表示が現れていたのが、10月に入ってから右上に結構はっきり表示。
しかも四六時中、カラーで。
CMでもしつこくアピールしてたけど(趣味悪いCM!)、3チャンネルを赤、青、緑で分けてる。
リモコンのカラーボタンの色。


これが気になって仕方ない。
常時表示するのは妥協するにしても、カラーはやめてほしい。
同じように落胆している人も多いらしく、ネットでは「大開局祭りではなく大解約祭り」だと大騒ぎです。
まったくだ!
コンテンツはいいものが揃ってるのに、このロゴのせいで台無し。
お金払って見てるんだからさ、契約者の意見は大事にした方がいいと思いますよ、WOWOWさん。



ところで開局に伴って無料放送で長時間放送されていた「みんなで選ぶ、生涯ベストソング100」という番組を観ました。

事前に一曲応募できるようになってまして、私も考えました。悩んだ~。
一曲なんて難しい。しかも生涯ベストソングなんて。


洋楽を聴くきっかけになったのはビリー・ジョエルの「オネスティ」。
でもビリー・ジョエルはほかにも好きな曲がいっぱいある。
ビートルズは当然好きだけど、なんかありきたりな感じがするし。
80年代はホール&オーツも大好きだったし、今でも聴いてる。
ほかにも「俺が俺が~!」と私の頭に押し寄せるのです。

ケンカをやめて~私一曲になんて絞れない!

邦楽も同じ。この一曲って無理。


不思議と思い浮かぶのは70年代~80年代の曲ばかり。
90年代の曲もこれからも聴き続けるであろう曲がたくさんあるのだけど。


そうやって悩んでるうちに応募期間終わってた(汗


番組は懐かしい曲や懐かしいおもちゃの紹介があって楽しかった。
『ママレンジ』、私も持ってました♪

曲は60年代の20曲、70年代の20曲という風に、それぞれの年代で20曲づつ紹介されてました。
まだ80年代までしか見れてない。
90年代以降はもう懐かしいとかじゃなく最近のような感じ。
最近って言ってももう20年前なんだねぇ。


結局私の生涯ベストは決まらず。
ま、いいか。

* * * * * * * * * * * * * * 


本日の男女デュオ

Shine Bright Baby  / Deadbolt




YOUTUBEのマイアカウントを見てたら、「後で見る」っていうとこにこの曲が。
たぶん自分でチェックしたんだろうけど、まったく覚えがない。
聴いてみたら男女ツインだし、好きな音だったので自分がしたのに間違いないようで。
どこで見つけたんだろ・・
まさか本家のBGMで紹介されてたのをあたかも自分が見つけたかのようにここで紹介したりしたら赤っ恥なので念のため探したんだけどない・・よね・・。
ってことで貼り付けました。
途中でブチっと終わっちゃってますけどこの曲が男女ツインなの。
どうやら普段は女の子だけ歌ってるようです。




« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

無料ブログはココログ