« 誰が考えたんだろw | トップページ | は、吐き気が・・ »

2009年10月 1日 (木)

「パンズ・ラビリンス」

パンズ・ラビリンス 通常版 [DVD] 監督:ギルレモ・デル・トロ 

女の子が主演だし、ファンタジーだし。
なんて思って軽く見たら、とんでもなかった。
子どもと一緒に観るのはまだ早いな。トラウマになること必至。
とにかく「ダーク」。
物語の背景は内戦下のスペイン。戦争映画とも言えるかも。

「地底の世界」のお姫様というのは本当の事なのか、それとも現実世界(戦争社会)から目を背けたい、逃げたいがために見ていた夢なのか。
ラストシーンを見ても、どっちなのかわからない。
ハッピーエンド・・・?。
現実世界と想像世界が絶妙にシンクロしていて、あれ?これってホントの事?ただの空想?ってわかんなくなる。

殺戮シーンは残酷だし、妖精なのに気味悪い。
出てくるクリーチャーの出来がいい。つまり・・・めちゃくちゃ気持ち悪い。
なんかリアルというか、CGを使ってないのかもしれない。

でもファンタジーってグロテスクな一面があるんだよね。
ユーナが毎月「世界の童話」の絵本を持ち帰るんだけど、結構えげつない結末。
オオカミは決まってお腹を裂かれて中に石を詰め込まれるのだ。
そして死んでいくオオカミを見て喜ぶヒツジや赤ずきんちゃん。
それをリアルにしたら・・グロでしょ。

甘いだけじゃないファンタジー、私は好きな映画でした。


« 誰が考えたんだろw | トップページ | は、吐き気が・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

あーこれ、映画として予告編をテレビでやっていた時に見て見たい!と思っていた一本です。
しかし、DVDになってから口コミを見ると、完璧なホラーだという事が判り、とてもじゃないけどファンタジーではない、というので手をつけてない作品です><

口コミでみた「地底の世界」は少女の恐怖や心が作り上げられた世界、らしいです。現実世界での恐怖に思ったことが地底のキャラを作り上げているからこそ、リアルと地底とごっちゃになってる・・・と。

甘いだけじゃないファンタジー好きなameさんには
ザ・セルという映画を是非。
子供は見ちゃダメな作品ですが・・・。

ぱんださん

ホラーってほどでもないですよ~
まあえぐい場面は沢山ありますけど(^-^;
私、ホラーは苦手で見れないんですけど大丈夫でしたよ。

>「地底の世界」は少女の恐怖や心が作り上げられた世界、らしいです。

はあ~なるほど~、それでいろいろうまく進まないこともあるわけですね。ふむふむ。

>ザ・セルという映画を是非。

あ~~ジェニファー・ロペスが出てるやつですね!
これは予告を見て、「うわ、サイコホラーだな」と思って手をつけなかった作品です(笑)
ファンタジーなんですか?!
そっかあ・・観てみようかな( ̄▽ ̄)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 誰が考えたんだろw | トップページ | は、吐き気が・・ »

無料ブログはココログ