« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

我が家の男子と女子

ついさっき。

もう寝なよ~と言ってるのにチュージは「めちゃイケ」の岡村に夢中。
お腹を抱えて笑っている。
面白いよね、私も好き。

その横でユーナは冷めた顔。
「何が面白いの?もう寝るよ!」

あら、ユーナはこういうの好きじゃないの?
チュージがめちゃイケを録画しておいてくれと言うので、テレビの入力をHDDに替えた。(リンクしてないもんでね・・・)
画面に映ったのはWOWOW。

ユーナが身を乗り出した。  「かわいいいい!!」
AKB48のコンサートΣ( ̄ロ ̄lll)。
みんなミニスカートをはいて歌って踊ってる。
「あたしあの髪を一つに結んでる子がいい!だって一番かわいいんだもん!」
あら~そうですか。私の好きな男子五人組には目もくれなかったのになあ。
『かっこいい男の子』より、『かわいい女の子』の方がいいのね。
でもユーナがこの子たちかわいいってのもわかる。確かにかわいいね。

そんなユーナを見たチュージは。
「キモチ悪っ。全然かわいくねえよ。ねー、めちゃイケちゃんと録ってよ?」
『かわいい女の子』より『面白い人』ですか(^-^;

そのうちユーナも「あたしはこの女の子たちを録って欲しい!」
うええ~?
両方はムリです・・W録出来ないです・・・。
やばい、ケンカ勃発か?!

結局、9時に終わるめちゃイケを録画せずにそのまま観て、WOWOWを録画することに。
ユーナはやはりつまらなかったらしくすぐに寝てしまったけど、チュージはケラケラと笑い転げていたのでした( ̄▽ ̄)



2009年10月30日 (金)

どうしよっかな~

10月28日に発売されたCDとDVD。
CDはAMAZONで予約、DVDは楽天で予約。
CDは発売日に届いたけど、DVDはまだ届かない。

DVDは25日に予約したところで、例の男子5人組のPV集。どこもかしこも売り切れになってたから、発売日直前に予約した私は商品の入荷までしばらく待たされそう。
いつだー。早く観たいな。

CDは祥子さんのコレクション第三弾。
今回発売分で終わりなんだけど、3作全部購入した人には全員プレゼントがある。
コレクションはデビューから97年に発売されたCDをリマスターして集めたもの+未発表曲、未発表映像を集めたDVDの3枚組、を3作。
3枚組だから、1作が結構分厚い。
その3作を収めることの出来るボックスがプレゼントされるというわけで。

Photo

開けるとこうなる。(画像はオフィシャルサイトから拝借)

2

うーむ。

3作にそれぞれ付いていた応募券を送るともらえるのですけど。
せっかく特典としてもらえるのだからもらえばいいんだろうけど。

これに入れちゃうと聴くのがめんどくさくなりそう(汗

今までも「箱物」のCDを何回か買ってるんだけど、棚から出して、箱を開けて、CD出して蓋を開けて・・・ってのが面倒で。
せっかく買ったのにあんまり聴いてなかったりして。
この祥子さんのCDは、リマスター盤だけあってとっても音がいい。
しょっちゅう聴くことになると思うんで、箱にしまいこみたくないかも。
はー、でもせっかくもらえるんだしな~。
結局邪魔になるのは哀しいしなあ~。

どうでもいいことで迷ってる私は今シアワセなんだなあ~(笑)




本日のBGM (当然これです

SHO-CO-SONGS collection 3(DVD付) SHO-CO-SONGS COLLECTION 3 / 鈴木祥子

「GOIN’HOME」が入ってます。やっぱりこれに入ってる2作は祥子さんのアルバムの中でも異色な感じ。バンド形式だからかな。
それまでとはガラっと変わった作風で怒ったファンもいたらしいけど( ̄Д ̄;;
私はこのアルバムでますます好きになりました。
当時私は25~27歳。どんぴしゃではまったのです。
(それにしてももう10年以上も前だなんて・・!)

「GOIN’HOME」を貼りたかったのだけどYOUTUBEになかったのでこれを。曲だけです。

2009年10月29日 (木)

どうなの。

昨日、どうにも自分の感情がコントロールできなくなって、トイレに立てこもったときに思ったこと。
あ、今日はもうダイジョブです。まったく、どうしようもない私です。

思ったこと。
タバコ、吸ってみようかな・・・。

今まで一切吸ったことがない。
でもよく言うじゃないですか、イライラしたときに一服する、とか。
ああ、効くのかなと。
私のこの感情も治まってくれるんかなと。

トイレの中で泣きながら考えてた。
実行には移さなかったんですけどね。

自分の感情をコントロールできないなんて、もうすぐ40代なのにどうしたもんでしょう。
訓練あるのみ?

難しいこと考えるのが嫌だし、この事考え始めると頭痛も起きるし避けてたんだけど。。
普段から「自分の情緒不安定さ」について意識するほうがいいんだろうな。
そしたらそういう状態になったときに冷静になれるかな。

ホントに、もう、何とかしたい。



2009年10月28日 (水)

「シークレット・サンシャイン」

シークレット・サンシャイン [DVD] 主演:チョン・ドヨン、ソン・ガンホ

珍しく韓国映画。
あんまり見ない。これはたぶん6、7本目くらいかな。
なんで録画したか。。
愛する子どもを殺された母親の話、だったから。






なんか昨日から家族とうまく接することができてなくて。
大事なことを思い出したかった。

この映画でのチョン・ドヨンの演技は凄まじかった。
子どもを失った後の絶望、宗教による救済、またその宗教によってもたらされる絶望・・。

シークレット・サンシャイン=秘密の陽射し、なわけですが、それは神によるものじゃなく、すぐそばでそっと自分を見守っている、確かに存在する人物だったわけで。
その存在に気づけたら、幸せなのだね。


明日は今日とは違う一日。

すぐ眠れるかな。

2009年10月26日 (月)

ミーハー再燃

ここ数ヶ月はテレビ番組を見ることが少なくなって、夜は専ら映画を観るかネットしてるかって日々だったのですが、最近テレビの予約録画が増えてきました。

ドラマはホント全然観なくなったのに、久し振りにちゃんと見てます。
といってもまだ2回だけど、やはりあの人が出てるからには、しかも久し振りに活発な役柄ですから!
「リアル・クローズ」。西島くんが出てる~♪
ま、西島くんがドラマに出ることは最近では珍しいことではないのだけど、出ていても見てなかったのです。
でもこのドラマでの西島くんはよくしゃべるし~、何々?、なんかおしゃれでかっこいいじゃないですか!
見てると照れちゃうわ~~(*≧m≦*)


バラエティも最近またおもしろくなってきた。
特に「しゃべくり7」
ゲストによるけど、大体面白いなあ。
綾瀬はるかってあんまりピンときてなかったけど、これに出てるのを見てからかわいいなあって。
あと東方神起って何がいいのかさっぱりわかんなかったけど、これに出てから大好きになりました。(あくまでキャラが)

「爆笑レッドシアター」、ウッチャンが出ていたので以前から気になってたんだけど、「しずる」にはまってからはちゃんと見るように。

あとは 「ひみつの嵐ちゃん」
やばいです・・。かわいすぎる。
以前から嵐は大好きだったけど、ニノにしか興味なかったし、ベストアルバムを聴くだけで良かったし、他のメンバーはどうでもよかった。(すまん。
それがね~、これ見るようになってから全員大好きになっちゃいました。
ああ、久し振りにジャニーズにどっぷりはまった。
そこにきてプロモDVDが発売・・。

デビュー10周年記念でベストアルバムが夏に発売されて、それはDVD付きじゃなかったから買わなかった。
そのうち熱も冷めてたから良かったんだけど、また今「大好き度」が上がってるところにDVD発売。でもアマゾンでは予約完売。
そこで止めれば良かったものを、探してしまった。
見つけちゃったんだよね・・楽天で26%引き。リロードするたびに残数が減っていく。
思わず買っちゃったよ~~~~(;;;´Д`)

KANさんのDVDは買うのを止めたのに!
だってこの秋はスピッツのライブDVDも発売だし(当然予約)、祥子さんのコレクションCDも発売だし(当然予約)、出費が続きすぎ・・。
迷ったものは買わないって決めたのに。

あ~~今ならキャンセルできる。
でもなあ、かわいいしなあ、曲もいいの揃ってるし、今なら安いし、CDは買わなかったから代わりに持っててもいいし・・・。
いいか! (いいのか?!

メロメローンlovely
ちなみにこの曲の作詞作曲は藤井フミヤ。
らしい!

2009年10月23日 (金)

え?ええ?!

今日一番びっくり仰天したニュース。

ゴーイング河野丈洋が作家・角田光代と結婚

いったいどうゆうつながり・・。
角田さんって作家さんと結婚してたのにいつの間に。
縁とは不思議なものよのお。

「銀のエンゼル」という西島くんが出てる映画で使われていた曲。
この曲を聴くと「ぞわっ」とする。



あれ、いつの間にか日付が変わってる・・。
またか。
明日も眠いのねー。

2009年10月22日 (木)

今夜は呑んでません

やはり眠れず。
昼間はあんなに眠いのになぜ~?

親知らずのせいなのか、偏頭痛なのか、今日はずーっと右側の頭がジンジンしていて。
肩もこってるし当然奥歯の辺りは痛いし、散々です。

ぼーっとしていると痛みに負けそうだったので、また映画を観てました。
なんでビールを呑まなかったのかというと、抗生剤を飲んでいるからなのです。
そういえば小学校の頃の作文で、「なぜかというと、」って連発してたなあ、私。
チュージの作文は「ほんとうにほんとうに」がやたら出てくるのよね。文字数稼ぎ。

観た映画は「エンジェル」という映画で、フランソワ・オゾン監督作品。

あーもう0時過ぎちゃったなあ。
また明日の朝がつらいのか。

そういえば夜にかかってくる電話ってなんか怖い。
発信が姉からだと緊張して電話にでることになる。
今日夜にかかってきたんです。

「もうすぐ私(姉)の誕生日やねん♪」

びっくりさせないでよっ。だいたいあなたいくつになるんですか・・・。
まあ、何事もなくてホッとしたのですけど。。

はあ・・なんかいろいろあるなあ。
いろいろ考えすぎて頭イタイのかなあ。
いや、言うほど深く考えてないんだよねえ、困ったことに。

なんか支離滅裂な記事になっちゃったけど、「今すぐ公開」っと(ポチっとな

2009年10月21日 (水)

軌道修正

今のヘビロテ。

Thank You For Being A Friend Thank You For Being A Friend

アーティスト:Curly Giraffe,新井昭乃,Cocco,木村カエラ,BONNIE PINK,Chara,LOVE PSYCHEDELICO,安藤裕子,平岡恵子
販売元:スリーディーシステム
発売日:2009/10/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

CURLY GIRAFFEの曲を、数名の女性アーティストがボーカルをとったセルフカバー。
いい!
全曲英詩なので、何言ってるかさっぱりわかりませんが、耳に届く一音一音全てにムダが無い感じ。もう、アレンジが最高に好きです。
安藤裕子って、全然聴いたことなかったんだけど、このボーカルはすごくいいな。

CURLY GIRAFFE自身のボーカルバージョンがこれ。↓

こうやって聴くと、高桑さん(CURLY GIRAFFEというのはGREAT3のベーシスト、高桑圭のソロプロジェクト)の声って日本語より英語の方がしっくりきますね。
GREAT3のときは断然片寄くんのボーカルの方が好きだったんだけど。

この曲、アルバムでは新居昭乃がボーカルとってます。
なんか聴いてると、肩の力が抜けてふわっと軽くなる。

ああもう、全曲紹介したい。
この曲だけではCURLY GIRAFFEの良さを伝えられない。
アルバム買ってください(笑)

2009年10月19日 (月)

ブログタイトル変えよかな・・。

ここ最近、夜にビール飲んでほろ酔いで映画を観た報告をする記事が増えている。
ちっとも「ミルクティーの午後」なんつー日々じゃないのだ。

なんかビールを飲んでないと、スッと寝れなくなってきて。

飲まない日は眠たくなるまで夜更かし。→ 次の日めちゃくちゃ眠い。
飲んで早く寝る。と言っても早くて11:30 → アルコールが入った睡眠は浅いらしい → やっぱり次の日眠い。

そんな感じで日中いつも眠くてダラダラしてるという・・。
いかんいかーん!!

それにしてもどうして眠れないんだろう。
お酒飲まずに布団に入ると、眠りにつくまでに1時間かかることもある。
さすがに深夜1時以降だとあっさり寝れるんだけど。
それだと朝がつらいしね、早く寝よう!って思って日付が変わる前に布団に入っても結局寝入るのに時間がかかって最後に時間を確認したら深夜1時前だったりするのです。

あ~~~。
あんまりクスリに頼りたくないしね。

ふぁ~眠い・・・。

2009年10月16日 (金)

「幸せのポートレート」

幸せのポートレート (特別編) [DVD]サラ・ジェシカ・パーカー、ダイアン・キートン

サラが主演のような売り方だけど、ホントの主演はダイアン・キートン。(大好き
もうね、途中から涙と鼻水が出っぱなしで、終わった頃には前にティッシュの山ですよ。

あ、例によって今日もbeer呑んでるんですけど。
何でしょう、普段あんまり呑まない(ホンマか)せいか、ロング缶1本でも酔っちゃいますね。
しゃべらずに黙々と呑んでるせいかな。
酔ってると感情も倍増しになるのかね~?
もう、泣く泣く。
いや、そんな映画ではないと思うんですけど(汗
おもしろい場面もいっぱいあったしね。
どうしてどんな場面で泣いてしまうのかは私の過去記事と映画の内容を知ってる人だけがわかるのだと思います。

サラ・ジェシカ・パーカーは「SATC」だけかな、って思ってたんですけど、ちゃんと他の役もいいですね(失礼
途中まで髪をひっつめ、とある事件後髪をたらしたまま、っていうとこに彼女の精神状態?が現れてるんでしょうね。
あの、悪意はないのにいろいろ考えすぎた挙句結局場の空気を凍らせてしまう発言をしてしまう彼女に同情します。(私もそういうとこあるんだな。

ダイアン・キートンはホントに好きだなあ。。
かわいい。ウディ・アレンの初期の映画に出ていた頃も、年を重ねた今も、とってもキュートでかわいい。

あとね・・・自分が子どもたちの事、愛してるってこと、ちゃんと伝えていこうって、改めて思ったよ、うん。
ああ、また泣けてきた(ρ_;)

2009年10月 6日 (火)

昨晩は緊張で眠れず。

いやー、『お茶の水』の街並みって、いいですね♪
中央線沿いってなんか好きだなー、緑が多くて。
今日は雨も降っていて木々が濡れていい感じでした。
そういえば雨の日の外出がそんなに嫌ではなくなってきた今日この頃。
縮毛矯正のおかげで雨でも髪はサラサラ、ずぶぬれになっていた足元も雨靴(ブーツ)のおかげで快適だからだな。
めったに行かない街を歩きながら傘にあたる雨音を聴いて楽しんだり。





目的地が歯科病院でなければもっといい一日だったんだけど( ̄Д ̄;;

まあでも雨のおかげで新患が少なかったらしく、昼までに会計も済ますことができたのは良かったな。
今日はX線撮影と、簡単なお話だけ。
次回、CTを撮ってその結果次第でどうするか・・・って感じです。

なんかね。歯の根っこが神経にかかるどころか、下の骨に同化しつつあるかもしれないと。そうなると、全身麻酔でなんちゃらかんちゃらで。

ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

担当の先生は、CTの結果を見ないと何とも言えないからそんなに怖がらなくても大丈夫、って言ってくれたけど。。(私を脅したのは担当の先生の指導医)
指導医が付いてる先生ってどうなの、ともチラっと思いましたが、ここは信用してお任せするしかないですね。
かえって丁寧に診てくれるかもしれないしね。
ここまで放っておいた私も悪いわけだし。。。

お会計はウワサどおり家計に優しい金額でした。
大阪で通っていた開業医は施設も最新で衛生士さんも沢山いて快適だったけど、めちゃくちゃ高かったのです。
なんでこんなに差があるのか不思議。

とりあえず第一歩を踏み出したということで・・・(・ω・)bグッ

2009年10月 5日 (月)

は、吐き気が・・

極度の緊張で今「オェーッ」っとなってます。
ああ、ユウウツ。

ずっと前から右下の親知らずをほったらかしにしてた私が悪いのだ、うん。。
他の3本は抜歯済み。
なぜかこの1本だけ抜きそびれ、「根っこが神経にかかってきてるから、早く抜いたほうがいいよ。ウチではできないから大きな病院に行くように。」と言われたのが数年前のこと。
その頃まだユーナは入園前で、東京では歯医者に行きにくかったので帰省時に通っていた。
が・・帰省回数も減り、大阪で歯医者に行くこともなくなり、かといってこちらでどこに行けば良いのかもわからず。
特に痛くもなかったのをいいことにここまできたわけです。

さすがにやばいかな・・と思い始めたのが数ヶ月前。
本格的に歯医者を探し始めたものの、躊躇。

だってだって・・・・怖いんだもん!!

それがだ。ここ数日、顎が大きく開けられない。右下のえらが痛くて痛くて(;ω;)
昨日からは右肩だけ異常に肩こり。奥歯も鈍く痛い。

ああ、もう限界なんだな。
覚悟を決めて明日歯医者に行くことにしたのです。
地元の歯医者ではなく、いきなり大きな病院(歯科大附属とか?)に行こうかなと。
結局手術になると思うし・・・。ぎゃー怖い!怖すぎる(´;ω;`)ウウ・・・

明日ユーナが幼稚園バスに乗るのを見届けて、その足で向かおうと思ってるのだけど、なんか明日も雨なのねー。
でももう行くって決めたしな。。子ども達が元気に登校&登園してないと私も出かけられないし、やっぱり早いほうがいいよね。。。

そんな事をウジウジ考えて、吐き気に襲われてるわけで。
はうー(u_u。)


2009年10月 1日 (木)

「パンズ・ラビリンス」

パンズ・ラビリンス 通常版 [DVD] 監督:ギルレモ・デル・トロ 

女の子が主演だし、ファンタジーだし。
なんて思って軽く見たら、とんでもなかった。
子どもと一緒に観るのはまだ早いな。トラウマになること必至。
とにかく「ダーク」。
物語の背景は内戦下のスペイン。戦争映画とも言えるかも。

「地底の世界」のお姫様というのは本当の事なのか、それとも現実世界(戦争社会)から目を背けたい、逃げたいがために見ていた夢なのか。
ラストシーンを見ても、どっちなのかわからない。
ハッピーエンド・・・?。
現実世界と想像世界が絶妙にシンクロしていて、あれ?これってホントの事?ただの空想?ってわかんなくなる。

殺戮シーンは残酷だし、妖精なのに気味悪い。
出てくるクリーチャーの出来がいい。つまり・・・めちゃくちゃ気持ち悪い。
なんかリアルというか、CGを使ってないのかもしれない。

でもファンタジーってグロテスクな一面があるんだよね。
ユーナが毎月「世界の童話」の絵本を持ち帰るんだけど、結構えげつない結末。
オオカミは決まってお腹を裂かれて中に石を詰め込まれるのだ。
そして死んでいくオオカミを見て喜ぶヒツジや赤ずきんちゃん。
それをリアルにしたら・・グロでしょ。

甘いだけじゃないファンタジー、私は好きな映画でした。


« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

無料ブログはココログ