« ないないないない! | トップページ | まっすぐな道 »

2009年7月 6日 (月)

「森に眠る魚」

森に眠る魚 角田光代 著

数年前に実際に起きた事件を題材にして書かれた作品。
ママ同士のトラブル(無視された、とか)が、その子どもを殺めてしまうことにまで発展してしまった事件。

この小説では5人の母親それぞれの思いを描いている。
ほとんどが学生時代のような友達関係を求め、「この人なら私の事をわかってくれる、わかりあえる。」という期待をもっていた。
そういう人を求めるがゆえに、自身が孤立することに怯え、敏感にもなっている。

私の場合。
チュージが小さい頃はその傾向大、でした。
マンションでは同じ年の子を持つママがたくさんいて、それぞれが親密になっていく中、イマイチ踏み込んだ仲になれないことに焦った時期もありました。
いつからかどうでも良くなったけど。
今は気楽にある程度距離をとって程よくお付き合いできていて、かえって良かったなと。

ブログを始めたからってのも大きいかもなあ。
ママ友じゃなくても、むしろリアルで知っているママ友じゃないから話せる、書ける場所ができたのも肩の力が抜けたきっかけ。

こういう「思いつめた母親」で思い出すのは園長先生の話・・。
保護者会で先生は言った。

「幼稚園に来て、お母さん同士で仲良くおしゃべりするのはとてもいいことだと思うのですが、お互いを「~ちゃん」と呼び合うのは、控えて頂きたい。
仲良くなって、親密に呼び合うのは結構なことですが、それを聞いたほかのお母さんが、自分はそういうお友達ができない、と気に病むこともあります。みなさん適度に仲良くやっていただきたい。」

びっくりでした。
そんなことまで?
最近園に対していろいろクレームをする母親が増えているとは聞いていた。
先生としても、そんなことにまで口を出したくはないのだろうが、ちゃんと全体に呼びかけて欲しいと訴えてくる母親がいるのだ。

「母親同士の懇親会を止めさせて欲しい。自分は出たくないのに何度も誘われたくない。」

で、懇親会は年2回までと決められてしまった。
別に行きたくないなら断ればいいだけのこと。誰も陰口なんて言いはしない。
どうしてそんなこと気にするんだろう?と思ったけど。

きっと怖いんだな。
自分だけが一人、っていうのが怖い。
自分は行かない会にみんなが行ってるのがイヤなのかな。
そういうモヤモヤを打ち明けられる人がいないのなら、しんどいかもな。
旦那さんが聞いてくれない、とか。
そうなると自分の中で抱えることになってしまって、追い詰められることに・・。

もし。
もしそんな悩みを持っているならば。
幼稚園での関係が一生続くわけではないからね。
子どものために自分もママ友を作らなくちゃ、なんて思わなくて大丈夫。
子どもは自分で友達を作るでしょう。
これからどんどん世界が広がっていくのだし。



子どもが私にとびっきりの笑顔を見せてくれる。

それがいちばん嬉しいことだなあって私は思うのです。

« ないないないない! | トップページ | まっすぐな道 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

やたらめったら 視界の狭いママ っているよね。
我が子の友達から持ち物に至るまで、何から何まで管理したい。
我が子が他の子と寸分の違いもないことを喜ぶ。ちょっとリードしてればばんばんざい。
そんなママにだけはなりたくないもんです。
ーでも多かれ少なかれ私も子供らが小さい頃はそんな傾向があったかもなぁと反省。

学校からのプリントに「よそはよそ!うちはうち!」ってでかでかと書いてあって笑っちゃいました。
プリントの内容は 携帯の持たせ方 だったんだけどね。
そのセリフって昔の漫才のネタじゃなかったっけ?と。もはや標語?!

「母同士で~ちゃんと呼び合うのはやめましょう」ってのと似てる気がしました。

マリーコさん

>我が子が他の子と寸分の違いもないことを喜ぶ。ちょっとリードしてればばんばんざい。

そうそう。そういう人いるいる。取り残されることを異常に気にするのです。自分も子どもも。

とか言ってねえ、私も多少そんな風なことを気にしたことがあったかもなあと思います。
自分で気づくことができたから良かった。

「よそはよそ、うちはうち」(笑)
いつの時代も母親の口癖になりうる言葉ですけど、先生から母親が言われる時代なのか~。

子どもを教育する母親をまず教育・・ってこと?!
「早寝早起き朝ごはん運動」っていうのがあって、毎日ちゃんとやってるか表にしるしをつけて提出させられたり、なんか、過剰です。

この本読みたいなー。角田光代さん好きですし。

ママ友について最近私も思うところあり。
で、ameさんのこのタイムリーな記事にドキドキ、そして共感、
後半はウンウンと頷いていました一人で。

ママ友いないんで実態がわからないのですが、おかしな世界だなあ
と思います。
一部の尖がっちゃった人達のせいで最近は教育現場まで侵されて
いるようですね。一体ここは何処なんだよぉ!!

この先そんなしがらみを掻き分けてゆかねばならないのかあ。。。
メンタル面、鍛えよう。

yukoさん

角田光代さん、好きですかーヽ(´▽`)/
オススメです!一気に読んじゃいました。
「八日目の蝉」もすごかったけど、これの方が自分にも起こり得る題材で引き込まれました。

ママ友ね…。
ムリに作るもんでもないですね。
かといって過剰に壁を作ることもないですけど、頭の隅に「主役は子ども」って忘れなければいいんじゃないかな~?

なんか、ほんといろんな人がいるなあと思います。
理解不能は行動をする人もいるけれど、流されないようにしないと。
そこそこ協調して、何気にマイペースで(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ないないないない! | トップページ | まっすぐな道 »

無料ブログはココログ