« 「レッドクリフ part1」 | トップページ | 「奈緒子」 »

2009年4月16日 (木)

ちょっとずつね。

今週からユーナの幼稚園年長生活がスタート。
先週始業式はしたものの、年少さんだけの慣らし保育があるためユーナはお休みだった。

とはいえ今週中は午前中だけで帰って来ている。
子供たちがいない間に買物に出たり幼稚園の役員の集まりがあったり。
ユーナが帰宅して一緒にお昼を食べて、さあ、のんびりしよっかなと思ったら・・

「お外に遊びに行きたい!!!」

え~。いやだ・・(一応抵抗してみる

「行くの!!!」

ユーナには勝てない。おとなしく外へ。
私が5歳くらいの頃は親ナシで自由に近所をウロウロしていたもんだけど、今はね。。
マンションの中庭限定でも、やっぱり心配。

今日、外に出ると同じ年長さんだけど違う幼稚園に通う子が数名。
その子たちはみんな同じ幼稚園なのでとっても仲良し。
私も含むママ同士は子供が赤ちゃんの頃からの付き合い。

ユーナひとり、知り合いもなく遊んでいた。
女の子達がシャボン玉で遊び始めた。
ユーナは砂遊びのバケツを持って少しずつ近づく。
でも女の子たち、「今ここは使ってるから。」

ユーナは泣かないでそっとその場を離れた。
そして私のそばに来て「シャボン玉家から取ってきて。」
取って来るとうれしそうに吹き始めた。
女の子達はもう別の遊びをしている。
その子達の方向へシャボン玉を飛ばすのだけれど、風が強くてうまくいかない。
また少しずつそばへ。
女の子の一人が 「シャボン玉持ってきたの?良かったね」
ユーナ 「うん。」

子供たちはアリを捕まえていた。
また少しずつ近づくユーナ。話しかけることはない。

そうこうしているうちにチュージが学校から帰ってきた。
ユーナは急にはしゃぎだし、お兄ちゃんと一緒に帰る、とみんなに小さな声で「バイバイ・・」

おやつを食べてるときにユーナが言った。

「私ね、ひとりで『いーれーて』って言えるようになりたいんだ。」

うんうん。そうか。きっと言えるようになるよ。
少しずつ、距離を縮めればいいよ。

きっと大丈夫。


« 「レッドクリフ part1」 | トップページ | 「奈緒子」 »

育児」カテゴリの記事

コメント

わが子のそういう姿を見てるのは切ないよね(TT)
でも口だしできないし見守るしかないんだよね(;;)

R1は(今でもなんだけど)「さしすせそ」と「らりるれろ」がはっきりしないんですよ。
勇気を出して「あそぼー」って言っても発音は「あほぼー」に。
「アホぼーやって!」と爆笑されて終わり。R1ひとりポツン。
「いれてー」は「いえーてー」だから「??」と無視されてた。

まぁでもそこは子供は子供同士。放っとくといつの間にか仲良く遊んでたりもするから、深く考えないでがんばって見守ってね。ファイトー!

マリーコさん

意外とこのときはせつない気持ちにはならなかったんですよ。
むしろ「ユーナ、がんばれ~」って余裕で見守れました。
たぶんユーナが私に助けを求めないで、一人で何とかしようってがんばってたからかな、と。

チュージもなかなか輪に入っていけない子なんですけど、チュージはすぐに私に助けを求めるんです。
助けを求めるっていうより・・「もう帰る」ってあきらめちゃう(汗
だからすっごく心配でした。今も心配。。。
我が子がひとりポツンといる姿って、せつなすぎますよね・・。

でもやっぱり子供同士の事は子供同士で解決するしかないわけで。
目をそらさずに、がんばって見守りたいと思います!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「レッドクリフ part1」 | トップページ | 「奈緒子」 »

無料ブログはココログ