« レコード聴きたい。 | トップページ | 夏休み »

2008年7月23日 (水)

故郷

夏休み突入早々、チュージが発熱。
昨夜は40°まで上がり、うなされてかわいそうだった。
男の子はあんまり高熱が長引くとよろしくないと聞いていたので、処方されてた解熱剤を飲ませた。ゆっくり眠れたほうがいいしね。
それでも元の熱が高すぎて、下がっても39°弱。
やはりつらいのか悪夢でも見てるのか、寝ていてもうなされて暴れるので、私も寝ていられなくて。

借りていた本を読むことにした。
実は今日返却期限で、例によって前日まで放置して慌てて読んだわけですが(汗

戸村飯店青春100連発 瀬尾まいこ 「戸村飯店青春100連発」

大阪の住之江なんつう馴染みある町にある戸村飯店。そこの兄弟のお話。

瀬尾まいこの書く本、やっぱり好きだなあ~。
この人、大阪出身だったのですね。

兄が東京に来て感じる、冷たい印象?は私も最初感じたことで。
道を聞いてもそっけない。駅員なのに。なんか基本的にサービス精神が薄い感じ。
大阪だったら道を聞くとわからなくても一緒に考えたり(笑)、ま、過剰かもしれないけど。
あ、あと意外と緑が多いって印象も同じく。

東京に住んで9年。
もうここを離れるのは怖い。生活の基盤が、ココにある。
たまに大阪に帰っても、東京に戻りたくなる。
なんだろ。住めば都、かな。
あー東京に戻りたいっていうより、この家に戻りたいのかも。

それでも関西的なものはやっぱり好きだ。
私の根っこなんだろうなあ。
土曜のお昼、学校から帰って昼ごはんを食べながら見る「吉本新喜劇」。
ストレートな言葉。
ウルフルズのうた。


読んでてうなづいて、最後はちょっと涙して。
タイトルが「100連発」だからといって、短編集ではありません。(オットがそう思った)
いつもどおり、瀬尾さんの書く小説です。



そういえば、私、真剣に自分のこと、家族のこと考えたことあったかなあ。
いつも逃げてる気がする。



チュージの熱は今日無事に37°まで下がって、元気になってきた。
はずなのに、「まだなんかお熱あるかも・・」なんて言ってここぞとばかりに甘えてます。

大急ぎで本を返しに行くと、予約していた本がまた順番がまわってきていて、しかも4冊!
さすがに返却期限日前日まで読まずに置いとけない。
明日からボチボチ・・。



« レコード聴きたい。 | トップページ | 夏休み »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478675/22494391

この記事へのトラックバック一覧です: 故郷:

« レコード聴きたい。 | トップページ | 夏休み »

無料ブログはココログ