« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月27日 (金)

よそはよそ、うちはうち。

幼稚園で同じクラスのママと少し話した。
他愛もない立ち話。

ユーナと今同じクラスなのだけど、その人のとこも小学生のお兄ちゃんがいる。


(その1)

そのママ  「ポケモンとか、ドラえもんとか見てる?」

私 「うーん?その時間は丁度お風呂とか夕飯だから見せてないよ。」

そのママ  「え~?!でも次の日に学校で話題になったりしてるんじゃないの?かわいそう・・

私 「・・・かわいそう、かな。」

そのママ 「だって話題についていけてないかもよ?」


(その2)

そのママ 「自転車に乗れないんだよね?あ、じゃあ車の運転は?」

私 「車も免許ないし、そもそもウチは車がないんだよね~(苦笑)だから家族みんなで駅まで歩いて、電車でお出かけするんだよ。」

そのママ 「え~~?!じゃあ、行動範囲狭そう~~!あんまりいろんなところ行けないよね。

私 「なるべくいろいろ行くようにはしてるけどね・・」

この人、私の事が嫌いなのか。
自分の家が基準なのか知らないが、イチイチ「カチン」とくることを言ってくれます。

でもそれを気にしてしまう自分もいて。。

チュージは今まで「ポケモン見たい。」なんて言ったことがない、そもそもテレビで放映してることを知らないと思うのだけど、回りは当然のように見てる家が多いのも事実。

チュージに聞いてみた。「ポケモン、見たい?」
「見る見る!!やってんの?!」

あ~やっぱりやってたら見たいよね。
実は時間の問題じゃないんだけど、見せてなかったの。
同じ7時から放映している「ヤッターマン」は見せてるし。
「ポケモン」、映画を以前見せたことがあるのだけど、なんかポカーンとしてたし、私も全然面白くなくて、それならムリに見せなくていいや、って。
「ドラえもん」がある金曜日は、6時半頃からNHKで「おでんくん」をやってるのを見ていて、あまり続けてみせるのもイヤで。ビデオに録ってまで見せなくてもいいか、って。

そんなわけで今までやってきたんですけど。
小学生になってガラッと周りのキャラが変わって、こんなことでいじめられたりしたらたまんない、って思って・・・。
結局「ポケモン」は見るようになりました。
相変わらずチュージは「ポカーン」とした顔で見てますけど(笑)


車はね・・簡単には買えないし。ちょっとこの発言で落ち込みました。
確かに車でしか行けないところってたくさんあるし、キャンプなんて車がないと大変そうだし・・実際やったことないし。

でも、今まで「かわいそう」なんて思ったことなかった。
他人からしてみれば「かわいそう」なのかな?
いつもいつも歩かされて、遠出もできなくて・・・。


よそはよそ、うちはうち、だと思ってる。
でも、たまにホントにこれでいいのかな、って迷う。

車に関してはどうしようもないことだけどね・・・。

2008年6月25日 (水)

うまー

昨日、紫蘇ジュースを作りました。

買物に行ったときに偶然「赤紫蘇」を見つけて、そういやこれでジュース作れるんだよね~と思い出し、とりあえず購入。

ネットで作り方を検索してみると、「クエン酸」を使うレシピが多かったのですけど、私はわざわざ買いに行くのが面倒だったので「りんご酢」を使用。

① 紫蘇の葉を取り、よく洗う。

② お水2ℓを沸かし、洗った紫蘇を投入。

③ しばらく煮出す。(私は20分くらい茹でました)

④ 火を消して紫蘇の葉のみ取り出す。・・・・ここで濾してもいいけれど私は洗い物を増やしたくなかったので網ですくい上げました。

⑤ 茹で汁のお鍋にりんご酢を一瓶投入。(500ml)・・・・・ここで茹で汁の色がパア~っとキレイなピンク色に変化!不思議~

⑥ お砂糖200gを投入。・・・・・ネットのレシピではみんな500gくらい入れてた!私は甘いのはイヤだったので200gのみ。そのうちの半分は黒糖にしました。

⑦ もう一度火をつけて、お砂糖を溶かすためしばらく煮る。

⑧ お砂糖が溶けたら終了!

私はしばらく冷ましてから濾して、りんご酢の空いた瓶(洗っちゃダメ)や、ガラス瓶(煮沸して乾燥後、もったいないけど出来上がったジュースで中を濯いでから)に入れました。
これで1年は保存できるらしいけど、たぶんこの夏の間に飲み切っちゃうと思う・・・・(;^◇^;)ゝ

Photo_3


このまま飲むと酸っぱいので(ウチのは特に)、お水や炭酸水で割って飲みます。





赤紫蘇はこの季節にしか売っていません。
意外と簡単にできて、ヘルシーなジュース。

この夏はこれで乗り切れる!・・かな?!

2008年6月24日 (火)

お風呂にて

チュージの髪を洗ってあげていたときのこと。



「もう~めめにシャンプー入っちゃうよ~」 とチュージが言った。


ああ、ごめんごめん。すぐ流すから。



「・・・・あっ!めめって言っちゃったcoldsweats01


ほんとだ。やーいおめめって言った~赤ちゃんみたい~。


「えへへ・・めめって言っちゃったよ・・(ひたすら照れる」


そうだねえ・・いつの間にか赤ちゃん言葉を使わなくなってたね。
ユーナはまだまだだけどね。

でもさ~、そこを照れるんだったら、いい加減自分で髪を洗ってくださいよ。

いつまで私の膝の上に横たわるつもりだ・・・・でかすぎっ!!




2008年6月23日 (月)

青春っていいなあ!

昨日は姪っ子が通う高校の文化祭へ行ってきました。
高校三年生なので、最後のイベント。

女子高なんですよ。ちょっとがっかり。

彼女が所属するクラブの発表があるということで、ジジババ、兄弟、両親だけでなく、私達おじさん家族まで勢ぞろいで見に行きました。

高3にもなれば家族が総出で見に来るのなんてイヤがるかなあ・・と思ったんですけど、とてもうれしそうに出迎えてくれて良かった。
姪っ子一人だけ見てると、小さい頃の印象が残っててまだまだ子供って感じなんだけど、同級生と一緒にいてるとやっぱりもう18歳の女の子なんだよねえ・・。


彼女が所属しているのはダンスクラブ。今そんなのあるんですね。
しかもダンスがなんかセクシーです。腰をブイブイ動かしたりして。

メイクもばっちり、髪型もエクステつけてたりして、見た目はプロのダンサーみたいhappy02
結構長いステージだったんですけど、釘付けで見ました。
隣でユーナは爆睡してたけど(笑)。

ダンスが文化祭のメインイベントのようでした。

え~?軽音楽部とかないの~?
女の子バンドとか、ないんだ。
「リンダ リンダ リンダ」みたいなの、期待してたんだけど。

でもま、形は違えどダンス部も青春してました。
部長さんは最後の挨拶で感極まって泣いてたりして。
練習、ハードだったんだろうなあ。

夢中になって何かをする、っていいよね~
スポーツでも音楽でも、ウチの子供達も何かに夢中で取り組んでほしいです。

2008年6月21日 (土)

せつないけれど

チュージ、小学一年生。

母の保護から少し離れ、社会に一歩踏み出したところ。
幼稚園ではいなかったタイプの子供や、淡々と授業を進める先生と関わるようになり、チュージも最初は戸惑っただろう。(何より私が戸惑ったのだけど)

反抗期みたいな言動もあるけれど、まだまだ甘えてきてくれる。
半そでになった途端、二の腕をさわさわ・・(笑)


チュージは家では妹にも母にも強気だし、笑わせることも大好きな子だけれど、外に出るとガラッと変わる。
話しかけられるとモジモジ、ニコニコ。
内弁慶なのかと思えば、幼い頃からの友達の前でははじけていたりして。
まったくタイプの違う、親分肌の子と一緒にいる。
楽だろうけど、ホントに楽しくはないと思うよ。

やたらと怖がり。良く言えば慎重な子。
スイミングではまだビート板を使わずに浮くのが怖くて泣いていたりする。
学校の水泳授業の前の日は「明日雨になりますように・・」なんて言ってたり。

なんかね・・私の子供の頃にそっくり。
私も親分肌の女の子にひっついてたり、プールは熱が出るほどキライだった。

友達付き合いも不器用だったな・・。
ホントに心を開いたら裏切られそうな気がして、上っ面だけ仲良くしてた。
大好きだった子、一緒にいて楽しかった子にも、実は嫌われてるんじゃないかと思って壁を作った。
よく言われた。「ameちゃんと二人っきりだと気まずい」

私と似てるからって、チュージが私と同じ経験をするとは思っていない。

でも、いろんな事があるだろうね。
つらいことも、きっと、ある。
もちろん楽しいことも沢山ある。


・・・・・。

全部ムダじゃないからね。
いろんな思いを重ねて、大人になっていくのだから。

母親としては、止めたくなる。
「だめ、そっちじゃない、こうしたほうがいい」

でもそんなことはできない、しちゃいけないのだ。

見守っていくことしかできない。



今はまだ甘えてきてくれる。
私はいつでも君の味方だよ、と抱きしめてあげたい。






2008年6月20日 (金)

バトル

チュージの最近の口癖。



「もう!お母さんは全然人の話聞いてないんだなっ!」

これを言ってスっとその場から離れる。

いや、人の話聞かないのはチュージでしょ。

もう、毎日何か忘れてくる。
連絡帳を書くのを忘れる、プールカードを持って帰るのを忘れる、水筒を忘れる、今日は教科書を忘れて帰ってきた。宿題の音読どうすんのよ。


ま、注意するわけです。何回でも言わないとわからないようだから。
そうするとね、このキメ台詞が飛び出すのです。

もうわかってるのに何回も言う→人の話を聞いてない

っていうのがチュージの言い分のようです。


わかるよ。何回も言われるの、やだよね。
でもさあ、ちょっと最近反抗しすぎなんじゃないの?
まだ一年生なのに、ここまで口答えされるとさあ、さすがのお母さんも気が滅入っちゃう・・

っていうか言われたくなかったらちゃんとやって!!




チュージが捨て台詞を吐いたあとその場からいなくなるのは母ちゃんからの鉄拳から逃げるため、なのか?

2008年6月17日 (火)

めっけもん

ここ何ヶ月か、TSUTAYAディスカスを使っています。
月に8枚まで借りるコース。予約リストを登録しておけば、2枚づつ順番に送ってきます。
思いつくままに予約してみるのですが、新譜コーナーにこんなアルバムが。

シフォン主義

「相対性理論」がバンド名です。

どんな音楽なのかまったくわからないまま、なんとなくリストに入れてみた。
で、今日届いた。

うわーなんだこれ。このジャケ&バンド名からはまったく想像しなかった音が流れてきました。
でもこんなん好きなんですーheart01
たった5曲収録のインディーズから出てるアルバムでした。
よくこんなアルバムがTSUTAYAに(笑)


聴いてみる?→MySpaceへ(音注意)


君にほらラブずっきゅん♪


はまる~~しばらく中毒みたいに聴き続けそう☆

2008年6月16日 (月)

おいおい!

洋楽アーティストが日本語でうたを歌う、っていうのはよくある話ですね。
懐かしいところだと「ドモアリガト、ミスターロボット♪」byスティックスとか、「ドゥドゥドゥ・デ・ダダダソレワアイノコトバ♪」byポリスとか。
最近だとアヴリル・ラヴィーンの「ヘイヘイ!あの子はいまいーち♪」とか(笑)

どれも微妙な出来具合になってますけど、共通して言えるのはみんなオリジナルの曲だってこと。
自分で作った曲に日本語の歌詞をつけて歌う。サービスですかね?


最近知ったのはまんま日本の曲をカバーするという・・。
しかもBOA(笑)。あ、笑うところじゃないですか?すいません。

それをなんと!Weezerが!!
しかもカバーした曲は「メリクリ」・・・。結構ヒットしたけど、なんでこの曲・・?

ボーカルのリヴァース・クオモの奥さんが日本人なんだそうです。
で、奥さんがこの曲が好きで、よく一緒に聴かされて覚えてしまったと。

ま、聴いてみる?

Weezer 「メリクリ」


リヴァースくん、こういうのはプライベートでやってください(笑)
ちょっとトホホですよ・・。


ちなみに最近のWeezerシングルはこちら↓

Weezer - Pork And Beans


かっこいいのよ、この曲は。



例の曲は最新アルバムのボーナストラックとして収録されています。
・・ボーナスになってないかもcoldsweats01






 

2008年6月13日 (金)

まだまだ心配

今日、チュージが学校にお茶の入ったままの水筒を忘れてきた。

よく学校に忘れ物をする。
先月肌寒い日が続いたとき、朝来ていった上着を3日連続で学校においてきて、4日目さすがに着ていく上着もなくなり、寒いのに上着なしで登校させて「今日絶対全部持って帰ってきて!」と指示。
言いつけどおり3枚抱えて帰ってきた。一枚着て帰ればいいのに・・まったく・・。

で、週末だし月曜まで学校に水筒を置きっぱなしにするのはイヤだなあと。
チュージに「取りに戻って」と言うと、「え~~一人で~?」と情けない声を出すので仕方なくユーナも連れて散歩がてら一緒に学校へ行った。

無事に水筒を取って来て帰り道。
私はユーナと手をつないで歩いていて、チュージは前を一人で歩いてた。
横はたまに車が通る。
通学路なのにガードレールのない歩道で、子供がフラフラ歩いてるのが危なっかしい。

チュージには「ふざけて歩いたり、走ったりしないように」って言い聞かせてたんだけど・・。

突然チュージが歩道の反対側へ走った。
信号待ちをしていた車が丁度動き出したところ・・・・
チュージは車が出る前に歩道を渡りきっていたのだけど、思わず「危ない!!こらっ!!」って大声出してしまって。

ほんと、心臓がキュウってなったのだ。
怖かった。

それなのにチュージは「わかってる!」って怒り出しちゃって。
たぶん外でたくさん人がいるところで叱られたのがイヤだったんだろうけど。


普段からあんなことしてるの?
帰ってくる道筋には駐車場もあるから急に横から車が出てくることもあるし。
大きなトラックが横を走ることもあるし。

チュージは「信号が赤なの見えなかった」っていうけど、そりゃそうだよ、そこ横断歩道の手前だよ?!


なんかもう・・やっとチュージが友達同士で帰宅することに慣れてきてそわそわすることも無くなってきたというのに。
また逆戻り。不安な下校時刻。


寝る前にもう一度チュージに言った。
「学校から帰るとき、車には注意してね。今日はお母さん、ほんとに怖かったよ。」

チュージは私の神妙な様子に、今度は素直に「ウン」と頷いた。

あああああもう、頼みますよ・・・。

2008年6月 9日 (月)

しゅくだい

チュージは毎日宿題を持って帰ります。
プリント一枚。B4サイズの左半分が算数で、右半分は国語。

国語はひらがなの練習です。
いまだに「びってどうかくんだっけ・・」というチュージにがっくりする私ですが、まあ何とかがんばってるみたいです。
チュージは算数のほうが好きみたい。


で、とある日の宿題。
身体の部位の名前を書く、という問題。
全部自分で考えて書きました。
「できたよ~」というのでチェック。

    Photo_2
  お、全部埋まってるね。
 

  ・・・・・、ん?






Photo_9   




  










・・・・。

 これ、「ねぐせ」ってなによ?違うと思うなあ。


チュージ 「ええ?だってはねてるよ?」

 確かにはねてるけれども、身体の部分の名前に寝癖はないだろう・・。

チュージ 「そっか~。じゃあなんだろ。んー・・。ねえおかあさん、ここなに?」


 お母さんは「かみ」だと思う。


チュージ 「お!それせいかい!でもこれ、このままだったらうけるかな・・。」


 直してください!!

チュージ 「はーい」(残念そう)

一年生、まだまだかわいい。

2008年6月 8日 (日)

コバルトアワー

作家の氷室冴子さんが亡くなられた。

中学生時代、コバルト文庫をよく読んだ。
中でも氷室冴子の「雑居時代」、「なんて素敵にジャパネスク」、新井素子もよく読んだけど、題名は覚えてないな・・。赤川次郎の吸血鬼シリーズもコバルトだったかな。


51歳なんて、まだまだ若いのにね。肺ガンだったそうです。

コバルト文庫、今読んでも面白くないんだろうなあ。
面白いもんは今でも面白いかな。
あの時代に読んだから、ってのもあると思うけど。


ご冥福をお祈りします。




2008年6月 6日 (金)

脱力

図書館へ本を返しに行ってきました。run





       本日は休館です。







( ̄Д ̄;) ガーン









東京タワー

あかんわこんなん・・

明日朝登校班の旗当番やのに、絶対、目、腫れてる。。
泣きすぎだってば。

2008年6月 5日 (木)

まずいなあ

料理がまずいわけではなく、今の私の状況がまずい。
や、たいしたことじゃないんですけどね。

幼稚園の広報のお仕事を今年からやってまして。
来月発行の新聞の打ち込みは私が担当でして。(原稿は他の人)
既に1枚原稿は上がってるんですけど、まだ全然手をつけてなくてですね。
Wordってどうするんだっけ?って考え続けて早2週間(!)
まあ、やり始めたらなんとかすぐにできるだろうという甘い考えがありまして。
でもそろそろやんなきゃダメなんじゃないの?とも思うのですけど。
パソコンつけるとネットにつないでしまう私。。
ダメね~(他人事

あと、図書館で予約しておいたリリー・フランキーの「東京タワー」がやっと私の順番になりまして。
借りたもののまだ数ページしか読めてなくて気づけば明日は返却日。
今日は深夜まで読むことになるかなあ。
昼間に早く読めばいいのにね(他人事

あ、お昼御飯食べなくちゃ~(食事はキッチリ時間通りです。


2008年6月 4日 (水)

余計なお世話かもしれないけど

無事ネットにもつながり一安心。
もうこんなヘマはしないぞっ☆


* * * * * * * * 

さてさて。
あるママ友のこと。

子供は4年生のお兄ちゃん、弟はユーナと同じ年。

夜、夫婦喧嘩になって滅多に怒らない旦那さんに怒鳴られた彼女は、思わず口走ってしまった。

「なんでそんな大きな声出すの?!外に聞こえたら恥ずかしいじゃない!もういい!そんならもう明日離婚届けもらってくるから!もう子供もいらないから私一人で出てく!

それ、子供が聞いてるところで言っちゃったらしい。
いけないことだって、彼女もわかってるみたいだから私は何も言わなかった。
結局旦那さんが平謝り、彼女も離婚すると生活できないからということもあり、旦那さんが怒鳴ったことを許した。

でもまあ関係は以前から冷えてるみたいなのだけど・・。
夫婦間はそれでも続けていけるだろう。

問題は子供たち。
下の子は情緒不安定になり、幼稚園でママと離れるときに大泣きするようになったらしい。
お兄ちゃんはもう4年生なのでそんな風にはならない。でも心の中は傷ついてると思う。


彼女がね・・。子供たちを傷つけたことがわかっているはずなのに、大泣きする下の子を見てイライラすると言うのです・・。

彼女もつらいのはわかる。でも、でも子供たちの事、フォローしてあげてほしい。
彼女は母親なのだ。
子供は所有物ではない。簡単に「もういらない」なんて言ってほしくない。


そんな事を直接彼女に言えない自分がもどかしい。
言ったら「余計なお世話」だと言われる?家族の事を口出しすべきじゃない・・?
子供が傷ついてるって言うのは私の憶測に過ぎないかもしれないし・・。


ただ、子供たちが笑って生活できる家であってほしい。
そう願うばかり。。




2008年6月 3日 (火)

なんでー(?_?)

なんでー(?_?)
昨日からネットに接続できない。
これは携帯から投稿中・・。

メールは受信出来るのに、エクスプローラを起動しても表示してくれなくて(>_<)
調べたい事があるのに〜
なんだろ、プロバイダに問題あり?

あ〜〜(+_+)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

無料ブログはココログ