« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

昨夜の記事について

コメント欄でもちらっと書きましたが、やはり記事にします。

昨日の記事で、「もう死にたいなんてバカなこと思ってる人はいい音楽を聴いたらいい」みたいな事を書きました。
訂正させていただきます。

「もう死にたい」とまで思いつめている人は、鬱になっている可能性が高いので治療したほうがいいです。
鬱状態の人には周りの声は届きにくいし、かえって負担になることもあるらしいです。
「バカなこと」って簡単に言っても、本人には深刻なこともある。
配慮が足りませんでした。ごめんなさい。

小沢くんの話に関しても。
ブルハを聴いて登校拒否から立ち直った、だからブルハをみんな聴いたらいいのに、ってことでもないです。
彼はたまたまブルハが心に届いただけ。
それがきっかけで学校に行くようになっただけ。

それに登校拒否を否定するつもりもありません。
それぞれ、思うことがあってのことだと思うし・・・。
学校に行かなくてもがんばってる人ってたくさんいるのだし。
自分の子供がそうなったら心配でしょうがないと思うけど・・・。

音楽だけで全て解決できるのか?
できないんだろうな。。なんか昨日の記事の内容がひっくり返っちゃってるけど(汗

ただ、変わるきっかけになることは絶対ある。
そう信じてます。



2008年5月30日 (金)

終わらない歌

昨夜「アメトーーク」を見ていたら「バンドブーム芸人」で、私は思いっきりツボだったのですけど、懐かしさの中で一つ印象深いエピソードを聞いた。
スピードワゴンの小沢(甘いこと言うほうね)は中学時代登校拒否だったらしく。
友達が家に来て、「これいいから聴いてみろ」と持ってきたのがブルーハーツのレコードで。
これを聴いた小沢は次の日から学校に行くようになったという。(あ、呼び捨てでごめんね、小沢)

ああ、そうなのよね。音楽に救われることってある。
ブルーハーツに救われた人ってたくさんいるのかもなあ。
私はあんまり掘り下げて聴いたことはなくて、ラジオで流れてきたのを聴いたくらい。
それでも歌詞とかメロディをちゃんと覚えてるのよね。
今日のMステで唄っていた「エイトビート」も、『もう死にたい』なんてバカなことを考えている人に聴いてほしい。
今はクロマニヨンズだね。

思春期の頃に、・・ああ、思春期をとっくの昔に過ぎた今でさえも音楽に救われ続ける私だけど。
多感な時期にいい音楽に出会えて良かったなあ思う。

子供たちにもいい音楽を聴いて欲しい。

「いい音楽」って何?
そんなの、それぞれの心に響けば、それがその人にとっての「いい音楽」なのよ。うん、そうなのよ。

これから何度でも壁にぶつかると思う。
そんなときに助けてもらえるよ、きっと。


それはそうと「まちゃまちゃ」が「カステラ」のおっかけをやっていたというのを見て親近感!
すっかり忘れてたけど(おい)よく聴いたな~~っていうか昨日流れた曲はほとんど好きな曲ばかりだったな~

バンドブーム、私の中ではまだまだ続いてく・・・・

2008年5月29日 (木)

とまどい

チュージが小学生になってもうすぐ2ヶ月。まだ2ヶ月か。

帰宅後は宿題をしてドリルをして、おやつを食べてから外に遊びに出る、という習慣ができてきた。

入学するまでは一人で外に出るなんて怖がってやらなかったのに、一年生になった途端友達と約束してなくても外に飛び出すようになった。
ウチのマンションの中庭は広場になっていて、誰かしら外で遊んでいるので約束してなくても誰かと遊べるので便利です。

で、大体は同じマンションの子たちと遊ぶことになります。
赤ちゃんの頃から知っていて、ママとも付き合いがあるので安心。
最初は子供だけで遊んでるけど、そのうち下の子を連れたママも(自分も含め)遊びに出るので、情報交換もしつつ遊んでる様子を見ている。

それが最近変化が・・・。
マンションから道路を挟んだところにある団地から、同じクラスの男の子が遊びにくるようになった。ママとは面識なし。

その子(以後K君)がね、帰宅してすぐに遊びに来たのです。
下で待ってて、もしくは一度家に帰ったら?と言っても聞く耳持たず、ウチの玄関をがちゃがちゃ、ピンポーンを何度も鳴らす、廊下側の部屋で勉強しているチュージの部屋の窓を外から開けて話しかける・・・。

外で遊ぶのかと思ったら、K君は家に連れて行くと言う。
お天気いいのだから外で遊びなよと言っても、「外にはおもちゃもないし暑いからいやだ」の一点張り。

普段からとにかく家で遊ぼうとする。K君の家だったり別の子の家だったり。
せっかくいいお天気なのに。。
チュージも誘われると行きたくなり、あんまりダメダメ言っててもなあ、と思いその日はOKした。4時には外遊びに戻るという条件付き。

4時過ぎにユーナと外に出ると、チュージはちゃんと戻ってきていた。
K君も一緒に外遊びしていたのだけど、5時前になってチュージは先に家に帰ると言い出した。
ユーナはまだ遊びたいというので、チュージだけ先に帰るように鍵を渡した。

そしたら。
K君がチュージを追いかけて、「オレがあけてあげる!」と鍵を奪い、先に走っていってしまった・・!
チュージが慌てて「ダメだよ~~!」と返してもらったのだけど。

すごすごと戻ってきたK君、今度は1階に住む別のお友達(Sくん)に「ねえねえ、アイス食べたいなあ~、家にあるんでしょ?入ろうよ~」と言い出した(汗
まあ、当然時間も時間だったし、Sくんのママに断られたのだけど。

なんか・・今まで接したことのないタイプの男の子で、Sくんのママも私もとまどい気味。

K君の家に遊びに行って、何をしているのか聞くと「テレビゲーム。」とか。
「お母さんは出かけてて、お姉ちゃんだけいた」とか。

うーん・・・まあ、いろんな子がいるし、K君は悪い子ではないと思うのだけど、なんかね・・。
チュージも友達ができたって喜んでるし・・。

ここ最近、この心配ばかり。
はあ・・・。





2008年5月20日 (火)

若いな~

最近気になってるバンド、Base Ball Bear。 通称ベボベ。

ドラム・ギター・ボーカル兼ギターが男の子、ベースが女の子の4人編成。
同じ高校出身。

この編成だけでも私的に萌なんですけど。
思い出されるのが「 Supercar 」。もう解散しちゃいましたけど、よく聴いてました。
少なからず影響を受けているようです。

ベボベのボーカルの男の子が曲を作っているのですけど、この人のキャラがなんか好き。
LーRの黒沢くんを思い出す。

とまあ、ベボベを見て過去聞いていたバンドを思い出したりしてるのですけど、肝心のベボベの曲はですね・・。
まだ数曲しか聴いたことがないんです(えへ

あ、ベースの女の子は映画「リンダ リンダ リンダ」に出てた子なんですってよ!

なんにしても若い。うらやましい。

近いうちにアルバムも聴いてみようと思います。

新曲をご紹介。「changes 」

楽天家です

ビビリなんですけどね。
一通り考え込んだ後は、気持ちを切り替えるのが早かったりします。

昨夜はオットも帰ってなくて、一人でぼんやり考えていたので耐えられなくて・・・うっかり記事にしてしまいましたが、今日は普通に生活しています。


そればっかり考えててもね・・。
楽しく今日を終えたいし。昨夜は1時過ぎまで寝れなかったんですけど(バカ?

はい、終わり終わりっ

2008年5月19日 (月)

怖い・・・。

詳しくはこのリンクのニュース記事を読んでいただきたいのですけど・・。
先週の中国での地震。日本でも起こりうる大惨事。

以前から関東でも地震は起こる、と断定されてきましたが、このニュースのように「前触れがあった」と言われると、一気に現実味が増して震える。

8日の未明にも結構揺れたけれど、このときにも同様の前触れがあったらしい。
深夜だったので家族全員一緒にいたから、布団の中でホッとしていた。

でもこれが中国のように真昼間に起きたとしたら?
オットは仕事。チュージは小学校。ユーナは幼稚園。私はどこにいる?家?買物中?
みんなバラバラだ。どんなに心細いだろう・・・。

かといって「地震が起きるからみんな一緒にいよう!」なんて家族で固まっているわけにはいかない。
ただ、そのときに無事であるように、なるべくならみんな一緒にいるときであるようにと祈るしかない。

ほんと怖い。中国の惨状を見てまだ日が浅いから、余計に。


あ~~~だからってびくびく怯えながら生活するなんて意味ないもんね?

ああああ。。。

2008年5月15日 (木)

「疾走」

疾走 スペシャル・エディション (初回限定生産) 疾走 スペシャル・エディション (初回限定生産)

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2006/05/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

SABU監督。期待して見たのだけど・・。
暗い映画でした。
主演の手越くん(ジャニーズのNEWS所属)の演技はどうなんだろ。目力はあったけどね。
肝心の「疾走」部分、走り方がどうにもこうにも(笑)

脇の中谷美紀が意外と良かった。
この人、どこがいいのかあんまりわからなかったのですけど、ただのキレイな女優さんから脱出したようですね。
大阪弁が上手い!これだけで株上昇。

原作は重松清だったのですね・・。
見終わってから知りました。まだ読んでないな。というかそんな小説本屋で見たことないなあ。
重松作品は結構読んだのだけど、これはノーチェックでした。
きっと原作はこんなのとは違うのだろうね。

映画では主人公の少年の内面が見えにくかった。
ただ、やけになってるような感じ。安易すぎる。


ん~SABU監督作品でジャニーズの子が主演ってだけで違和感があったんだけど、中身も彼らしくない作品でございました。

2008年5月13日 (火)

なんだ

衣替えした途端この寒さです・・。
昨日はユーナと親子遠足でした。雨が降らなくて良かったけど、寒かったよ~

なんか週1ペースの更新もままならない感じになってきてますが(汗
ここんとこじっくり「新規投稿」する余裕がなくて。
パソコンは起動してもココログにはログインせず・・。

やっぱりチュージの小学校生活が中心になっていまして、友達の事を気に病んだり、勉強についていけるように一緒に机に向かったり。

なかでも友達と仲良くできているのかはとても気になっていて。

チュージはなんでみんなとサッカーしたり虫取りしたりしないの?なんで声かけて遊ばないの?自分のやりたいこと言える?


・・・まあ簡単な話、まわりの子とチュージを比べていただけなんです。
チュージにはチュージの関わり方があるのに。
何が正しいかなんてないし、何が普通かなんてないのに。
自分が思う「男の子ってこういう感じ」な枠にはめ込もうとしてた。

あたしだって子供の頃は内弁慶で、外ではびくびくしてて。。

入学して一ヶ月少したって、やっと。
心配事はたくさんいろいろあるけど、私はチュージを見守るしかないのだね。
あーだこーだ言ったって、チュージはチュージだ。


私らしさ。
チュージらしさ。

愛してあげたい。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

無料ブログはココログ