« 新年に向けて(早っ | トップページ | 夏の少年(後) »

2007年10月24日 (水)

夏の少年(前)

チュージは夏前からスイミングに通っている。

水が苦手で、お風呂では顔にちょっとお湯がかかるだけで怒るし、去年の幼稚園でのプールも滑り台なんてやらずに浅い桶みたいなところに入ってちゃぷちゃぷしてるだけだった。
ウチの近辺では、幼少からスイミングに行っている子が多くて、小学校に入って夏の体育では普通に泳げたりする子も多い。
チュージはこのままでいいのか・・?不安になる私。。

チュージに聞いてみる。プールで泳げるように、スイミングに行ってみる?
「行く。行ってみる。」

おお!てことで気が変わらないうちにとっとと入会。
幸い、同じ幼稚園の仲良しの子が同じ時間帯(クラスは上)で通っていたので、チュージも楽しそうに通い始めた。

特に泣くこともなく、プールに入るチュージ。
でもやっぱり水がかかるとイヤみたい。顔は絶対に水につけない。
それでも行きたくないとも言わず、毎週通っていた。

入会した次の月、新しく女の子が入会してきた。
同じマンションで同じ幼稚園に通っている。チュージもよく知ってる子だ。
スクールでは毎月進級テストがある。
第一段階は顔を水につけられるか、水に慣れているか。
第二段階は水にもぐれるかどうか。

女の子はあっという間に進級してしまった。チュージはまだ・・。
次の月も、女の子は進級していった。チュージはまだ・・。

私は焦った。チュージがのんびりと、マイペースなのを見てじれったかった。
「来月はがんばろうね。」
私がそう言うと、チュージは 「わかってるよ!!」と怒った。

チュージはそれまで何も言わなかったが、心の中では思っていたのだ。
なんで?なんで僕は進級できないの?がんばってるのに・・。もっとがんばらなくちゃだめなの?

・・・・そう思っていたのか。ホントのところはわからない。チュージは何も言わない。
弱音ははかない。こんな時は、悔しかったらお母さんにぶつけてもいいんだよ・・?


次の月、なんとかチュージも進級。
水に慣れた・・っといってもやはり顔に水がかかるのは嫌がっていた。
女の子に追いつくのはまだまだ先だな・・と私は思っていた。


夏休みになった。チュージは幼稚園に一泊お泊り。年長さんだけの行事だ。
お泊り明けのその日も、スイミングがあった。

その日から、チュージは変わったのだ。。

つづく。

« 新年に向けて(早っ | トップページ | 夏の少年(後) »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478675/8591360

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の少年(前):

« 新年に向けて(早っ | トップページ | 夏の少年(後) »

無料ブログはココログ